- Tattuの備忘Log

Tattuの備忘Log ホーム » 

CCleaner 覚え書き

事情により、ドライバ・ソフトウェア更新情報からのリンクを外しましたが、掲載していた注意点をこちらの記事に移動しました。

重要:「CCleaner (5.33)」がインストールされている場合は、速やかに5.34以降のバージョンに更新してください。
Security Notification for CCleaner v5.33.6162 and CCleaner Cloud v1.07.3191 for 32-bit Windows users
システムメンテナンスツール「CCleaner」が改竄の被害、ユーザー情報を外部送信 - 窓の杜
ソフトウェア本体にセキュリティ上の問題が見つかったためで、なるべく早く5.34以降のバージョンにアップデートすることが推奨されています。
また、一部のセキュリティソフトで「CCleaner 5.33」のインストーラ(ccsetup533.exe)と本体(32bit版)がウイルスと判定され、削除されることがあります。
「CCleaner 5.33」がインストールされている場合は、アップデート(またはCCleaner自体のアンインストール)と、インストーラを保存している場合は削除してください。

ポータブル版や広告などを含まないインストーラー(Slim)のリンク先


https://www.ccleaner.com/ccleaner/builds
※以前はダウンロードページからリンクされていたが、いつの間にかリンクが外されていた(リンク自体は存在)。

「保存場所」について ※重要


Firefox及びThuderbirdの項目にある「保存場所」にチェックが入った状態でクリーニングを行うと、設定及びデータが破損する可能性があります。
念のために「保存場所」のチェックを外して使用することをお奨めします。

モニタリング機能について


モニタリング機能を無効にするには、「オプション」、「モニタリング」メニュー内の
「システムモニタリングを有効」と「アクティブモニタリングを有効」のチェックを外してください。

v5.36より追加された「緊急アップデート」機能について


v5.36より、自動で緊急アップデートがあるかチェックを行う機能が追加されました(タスクスケジューラに「CCleaner Update」が追加)。
機能を停止する場合は、追加されたタスクを消すか、ファイアウォールで「CCUpdate.exe」及び「CCleaner.exe」を拒否(遮断)してください(未確認)。

v5.41より変更された「クリーンアップ結果の簡略化」について


以前のようにクリーンアップした項目を表示する場合は、「オプション」、「拡張設定」、「クリーナー結果をリスト表示」にチェックを入れる(※以前のリストとは若干違うので注意)。

2018年

平成30年、戌年です。

2017年もいろいろありましたが、何とか無事に過ごせました。
パソコン関連では、ソフトウェア関係でトラブルが多かった年でしたが、今年はそのようなトラブルがないことを願いたいです。

来年は元号が変わるのでどのような元号になるか気になるところです。
本年もよろしくお願いいたします。

Windows7環境にてWindows Updateでエラーが出る場合

緊急用として使っているPCを久しぶりに起動してWindows Updateを行おうとすると、以下のようなエラーが出た。
win7updateerror_01.png

実はこのエラー。12月4日~5日の時点で発生していたエラーで、メインPCでも発生した。
Windows 7 / Windows Server 2008 R2 以前の環境において、Microsoft Update 実行時に 0x80248015 エラーが発生する - Japan WSUS Support Team Blog

今回、1ヶ月ぶりに起動した緊急用のPCでも発生したので、メインPCで解決した方法を今更ながらメモしたい。
なお、上記のサイトに書かれている方法でも解決できると思われる(未確認)。

1.「コントロールパネル」,「トラブルシューティング」を開く

2. 「システムとセキュリティ」項目内の「Windows Update で問題を解決する」をクリックする
win7updateerror_02.png

3.指示通りに進める
win7updateerror_03.png win7updateerror_04.png
「オンラインで更新プログラムを確認しています・・・」の場面では、環境によっては数分~数十分程かかる。

win7updateerror_05.png win7updateerror_06.png

4.念のためにPCを再起動し、Windows Updateを起動して動作を確認する。