Windows10 Insider Preview その1 (TH1リリースまで) - Tattuの備忘Log

Tattuの備忘Log ホーム » パソコン » Windows10 Insider Preview その1 (TH1リリースまで)

Windows10 Insider Preview その1 (TH1リリースまで)

(2015/08/19) 発売後のInsider Preview公開に伴う更新(記事へのリンク)
※7月29日付けでWindows10無償アップグレードが配布されました。
製品版や発売後のテスト版については、以下の記事にて掲載しています。
Windows10について [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その2 (TH2リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その3 (RS1リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その4 (RS2リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その5 (RS3リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その6 [当Blog記事]

なお、今後は記事の内容を更新する予定はありません。その為、内容が古い可能性があります。


インストール / 変わった点 / Build Update / 困ったこと・問題点

2015年4月29日(日本時間4月30日)付けで、Windows 10 Insider Preview (Build 10074)が公開された。
現時点では、7月16日よりWindows Updateにて配布されているBuild 10240が最新。

※Build 10061以前のTechnical Previewについては別記事に掲載しています。
Windows10 Technical Preview [当Blog記事]

Windows10の正式リリースは2015年7月29日。
Windows7,8.1の環境から期間限定で無償アップグレードが可能で、ライセンスの使用期限は端末が壊れるまで。
なお、無償アップグレードは2016年7月29日をもって終了しました。

10からはこまめに機能を追加していくということで、バージョンの概念は無くなる。
その為、このInsider Previewは、Windows10リリース後も続いていく。

※2015年6月1日以降、Windows7(SP1),8.1で自動更新(Windows Update)が有効な場合、Windows10への無償アップグレードを予約する画面が出てきます。
右下にwin10yoyaku_01.pngが表示され、クリックすると以下のようなウィンドウが出ます。
win10yoyaku_02.png win10yoyaku_03.png
これらの表示を消すには、「KB3035583」をアンインストールした上で更新プログラム(KB3035583)を非表示にする必要があります。

追記(2015/07/23)
公式より、Windows10への更新を止める方法が公開されました。
Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを抑止する方法 - Ask CORE
但し、上記の方法(更新プログラムをアンインストール&非表示)とは異なります。

追記(2016/07/29)
無償アップグレード期間は終了しました。
なお、期間中にインストールされたWindows10関連のパッチをアンインストールまたは非表示にする場合は、
以下のサイトを参考にして下さい。
「Windows 10」、予約しなくても約6GBのファイルを自動ダウンロード(回避方法あり)- ITmedia ニュース

Insider Previewは、あくまでもテスト用のバージョンなので、
インストールする場合は日常的に使用しているマシンにはインストールせず、自己責任で行なってください。
また、この記事に書かれている内容は、今後のバージョンアップで大幅に変わることが予想されるので、参考程度にご覧ください。

おなじみのUserAgent
(Windows10 Insider Preview x64 [Build 10240],IE11)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


(Windows10 Insider Preview x64 [Build 10240],Edge)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/42.0.2311.135 Safari/537.36 Edge/12.10240

Edge/12.***** の部分にはビルドナンバーが入る模様。

※以下の内容は、Build 10074-10240までのものです。
リリース後のInsider Previewについては今後の情報をお待ちください。
また、画像のほとんどがBuild 10158のものの為、内容の一部と矛盾が生じている可能性があります。ご了承ください。

インストール


インストールは検証用マシン2にて行った。
インストールイメージをダウンロードするにはMicrosoftアカウントが必要。エディションは64bitを選択した。

※7月16日の時点では、ISOをダウンロード(インストールも?)することはできません。
今後新たなものが提供される予定だそうです。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 10166 | Blogging Windows

インストールはDVDからではなく、ISOの内容をUSBメモリにコピーしてからブートレコードを書き換え、USBメモリからインストールした。
インストール画面については、8.1と比べて変わったところは無かったが、最後の個人設定や「PCのセットアップをしています」の背景色が変わっていた。
また、フォトやブラウザなどの「アプリ」を規定のプログラムに設定するかどうかの画面も追加されていた。

インストール開始から完了までは、大体20分程。Windows Updateからの更新だと1時間程かかった(ダウンロード時間を除く)。
win10build10240_05.png win10build10240_03.png

参考:[Build 10162]
win10insidepreview10162_02.png win10insidepreview10158_03.png
動作については、CPUが貧弱だったりHDDが古いためか起動時は時間がかかるが、
起動後は動きが若干引っかかることがあるものの、使用するに堪えないといったことは無かった。

Technical Previewから変わった点


※ニュースサイトに書かれていることと同じような内容もあります。
記録のために個人的な感想も書いてあります。

・スタートメニュー


・メニュー
Technical Previewと比較すると、少々変わった点がある。

まず、右上の全画面表示のボタンが無くなった。
win10insidepreview10162_03.png
ただボタンが無くなっただけで、設定によって全画面で表示することは可能。

「設定」アプリ,「パーソナル設定」,「スタート」項目内の「全画面表示のスタート画面を使う」をオンにする。
win10insidepreview10158_05.png

また、「エクスプローラー」や「ドキュメント」といった項目が下に移動している。
移動しただけではなく、非表示にすることもできる。

「設定」アプリ,「パーソナル設定」,「スタート」項目内の「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」より設定することができる。
win10insidepreview10158_06.pngwin10insidepreview10158_07.png
「エクスプローラー」や「ドキュメント」だけでなく、「設定」も非表示にすることができる。
他にも「ダウンロード」,「ミュージック」,「ピクチャ」といった項目も表示できる。
恐らく、Windows7以前のスタートメニューに表示されていたものを意識した変更だろう。

他にも、検索バーを非表示にしている場合でもスタートメニューに検索バーが表示されていたが、表示されなくなった。
画面の大きさによって挙動が違うのかは不明だが、画面が小さい場合だとスペースを独占されなくなったので助かる。
また、1024x768の画面サイズでも、メニューを横に引き延ばすことで、アイコンを2グループ(計6列)表示できるようになった。

・すべてのアプリ
「すべてのアプリ」を開き、文字をクリックすると、文字別のメニューが出てくる。
win10insidepreview10130_05.png
「アプリ」と「デスクトップアプリ」がごちゃまぜなので、種類別のほうが分かりやすい。

また、「最近追加されたもの」に「展開/折りたたみ」ボタンが追加された。
win10insidepreview10122_03.png

・ジャンプリストの表示
win10insidepreview10158_08.png
「>」をクリックすると表示される。

・タブレットモードでのスタートメニュー
左側に電源ボタンとすべてのアプリボタン、右側にピン留めしたアイコンが表示されている。
win10insidepreview10162_04.png

左上のwin10insidepreview10122_04.pngをクリックするとメニューが出てくる。
win10insidepreview10162_05.png

・テーマによる配色の適用範囲


通知関連やカレンダーにも適用されるようになった。
win10insidepreview10158_10.png win10insidepreview10158_12.png win10insidepreview10158_14.png
win10insidepreview10158_11.png win10insidepreview10158_13.png

色や適用範囲については、設定アプリより設定できる。
win10insidepreview10158_15.png
透ける設定(Aero)についてもここで切り替えが可能。
なお、ウィンドウのタイトルバーの色は変更できなかった(ハイ コントラストの設定だと可能)。

・コンテキストメニューのスタイル


タスクバーのコンテキストメニューのスタイルが変わった。
win10insidepreview10158_16.png
現時点では、テーマの色を変えても黒いままだった。

また、デスクトップなどのコンテキストメニューも心なしかスタイルが変わっている。
win10insidepreview10158_17.png

・文字の大きさ


タイトルバーなどの文字の大きさを個別に変更できるようになった。
win10insidepreview10158_18.png
「コントロールパネル」,「ディスプレイ」から変更可能。

フォントは変更できなさそう。

・検索バーのメニューの左側にボタンが追加


テーマの色を変えても文字と左メニューの色が変わるだけで、黒い背景は変わらなかった。
win10insidepreview10158_19.png

・サウンドボリュームメニューの変更


上の「テーマによる配色の適用範囲」ですでに出ている通り、ボリューム調節のメニューが変わった。
win10insidepreview10158_11.png
このメニューからではスピーカーのみの設定しかできないので、アプリ毎の音量調節ができないのが不便。
音量調節自体は可能で、サウンドアイコンを右クリックし、「音量ミキサーを開く(M)」で調節できる。

・バッテリーメニューに機能追加


これまた「テーマによる配色の適用範囲」ですでに出ている通り、
「バッテリー節約機能」と「画面の明るさ調整」の機能が付いた。
win10insidepreview10158_13.png

・設定関連


・設定アプリ
トップメニューのスタイルが変わった。また、ボタンやドロップダウンメニューのスタイルも変わった。
win10insidepreview10158_20.png win10insidepreview10158_21.png
テーマの配色によってボタンやアイコンの色が変わる。

・ピン留め
Technical Previewでは、設定の項目をスタートメニューにピン留めするボタンがあったが見当たらず。
実は、ピン留めしたい項目を右クリックし、「スタートにピン留め」をクリックすると、設定の項目をスタートメニューに追加することができる。
win10insidepreview10130_07.png

・設定項目
Technical Previewよりも、コントロールパネルで設定していたものが「設定」アプリに移動したものが増えた。
例えば、デスクトップを右クリックすると出るメニューにある「ディスプレイ設定(画面の設定)」や「個人設定」、
スタートメニューのプロパティの一部、時刻の変更などなど。
win10insidepreview10158_22.pngwin10insidepreview10158_23.png , win10insidepreview10158_24.png
win10insidepreview10158_25.png win10insidepreview10158_26.png

このためか、コントロールパネルの「個人設定」はとても寂しいものになっている。
win10insidepreview10158_27.png
コントロールパネルが消滅する日も近い?
だが、せめてもWindows Updateは取捨選択できるようにしてほしい。

・開発者モード
Build 10074までのBuildでは使用できなかったが、Build 10122からは使用できるようになった。
win10insidepreview10158_28.png

・Microsoft Edge


Project SpartanからMicrosoft Edgeに名称が変更となった。
win10insidepreview10158_29.png
また、いくつかの機能も追加されたり修正された。

・New Tab(開始)ページが追加
新しくタブを追加すると出てくるページ。
win10insidepreview10158_30.png
この画面で下にスクロールすると、おすすめサイトやニュース・天気といったものが出てくる。

・消しゴムの挙動
Build 10074まではなぜか直前に指定していたペンで描かれる不具合があったが、Build 10122からは線を消せるようになった。
ただ、ペンで"描くように消す"というよりは、消したい線を選択して(擦って)丸ごと消すといった感じ。
win10insidepreview10122_05.png

・黒いテーマの追加
白だけでなく、黒いテーマも追加された。
win10insidepreview10158_31.png

・アプリ


殆どのアプリが刷新された。また、新しく追加されたものもある。

・ストア
以前「ベータ」だったものがいよいよベータが取れた。
win10insidepreview10158_32.png win10insidepreview10158_33.png
また、Windows8からの問題だったが、「ストア」にてMicrosoftアカウントにサインインしていない場合でも、
プリインストールされているアプリを更新できるようになった。
アプリを推し進めているのであれば、この仕様のほうが良いと思う。

・フォト、ミュージック、ビデオ(左から順)
win10insidepreview10158_34.png win10insidepreview10158_35.png win10insidepreview10158_36.png

・Mail,カレンダー,People(左から順)
win10insidepreview10158_37.png win10insidepreview10158_37_01.png win10insidepreview10158_38.png

・ニュース(左から1,2)、スポーツ(左から3,4)
win10insidepreview10158_39.png win10insidepreview10158_40.png win10insidepreview10158_41.png win10insidepreview10158_42.png

・天気(左から1,2)、マップ(左から3)、マネー(下段 左から1,2)
win10insidepreview10158_43.png win10insidepreview10158_44.png win10insidepreview10158_45.png
win10insidepreview10158_46.png win10insidepreview10158_46_01.png

・XBOX、Solitaire Collection(左から順)
win10insidepreview10158_47.png win10insidepreview10158_48.png

・3D Builder
win10insidepreview10158_49.png

・Get Office
win10insidepreview10158_50.png

・Microsoft Wi-Fi
Wi-Fiスポットみたいなもの?
win10insidepreview10158_51.png

・電話コンパニオン
スマートフォンのための移行ツール?
win10insidepreview10158_52.png

Get Started
win10insidepreview10158_53.png

・サポートに問い合わせる
win10insidepreview10158_54.png

・Insider Hub
win10insidepreview10158_55.png

そのほかの変更点


・アイコン類
win10insidepreview10130_04.png win10insidepreview10158_56.png
フォルダーなどのデスクトップアイコンについては、以前よりもいい感じ。

・サウンド
変わったとはいえ、Windows8風味のまま。

・壁紙
雪原からWindowsをモチーフにした壁紙になった[画像左]。ユーザーの切り替え画面(後述)に表示される壁紙と同じものでもある。
「4K」フォルダーに多数のサイズの壁紙を確認できた[画像右]。
win10insidepreview10159_02.png win10insidepreview10159_03.png

浜辺などの夏らしいものもある。
win10insidepreview10158_57.png

・ユーザーの切り替え画面に壁紙が追加
壁紙の変更は今のところできず?
また、ユーザー名や画像、「ようこそ」などが真ん中に表示されるようになった。

・クイックアクセスの順序を入れ替えられるようになった
win10insidepreview10158_58.png

・フォルダーやファイルのプロパティが別グループに
以前はエクスプローラーにまとめて表示されていたが、別のグループになった。
win10insidepreview10158_58_01.png

・コントロールパネルに「バックアップと復元(Windows7)」が追加
win10insidepreview10158_59.png

・「電源オプション」内のハードディスク項目の「最大電力レベル」が削除

・Microsoftアカウントで初回ログイン時にPINを設定できるようになった
面倒な手続き(PIN設定時にパスワード入力)が不要になった。

・PINを4桁以上設定できるようになった

・ウィンドウを開く際のエフェクトの変更

・タスクバーに表示されるプログレスバーのエフェクト
下から表示される白い背景から、従来の左から表示される緑の背景になった。
win10insidepreview10158_60.png

・タブレットモードにした際にタスクバーに「戻る」ボタンが追加
win10insidepreview10130_06.png
アプリを起動しているときに押すと、スタートメニューに戻ることができる。
また、「設定」アプリで設定している際に押すと、一階層前の設定メニューに戻ることができる。

・コンピューター名が変更
「WIN-******」だったのが、「DESKTOP-******」に変わった。

・ディスクの使用率グラフの色
灰色と水色に変わった。
win10insidepreview10158_61.png

・不自然な翻訳がだいぶ減った

※長くなりましたので追記します。


Build Update


※全ての変更点を確認出来ていないのでご了承ください。

更新について


Build 10158より、Buildの更新方法が変更されました。
今後の更新は、Microsoftアカウントでのサインイン(関連づけ)が必要になります。
win10insidepreview10158_62.png → win10insidepreview10158_63.png

Build 10240の問題点


・無線ネットワークが「制限あり」になり、インターネットにつながらなくなることがある
初回起動時に発生。初期設定で設定を飛ばしたのが原因?
ルーターは[Aterm WR8750N],子機は[Intel PRO/Wireless 3945ABG]の環境で発生した。
IPv6を切ったり、IPアドレスを固定してもダメ。
子機のスイッチを切ったり、無効にしてもダメで、結局PCを再起動したところつながった。
追記(7/19):「制限あり」と表示されていなくてもつながらなくなることがあるのを確認しました。

・Buildのインストール時に画面を閉じるとスリープする
以前からそうだった?
もちろん、画面を閉じた際の動作を予め「何もしない」にしてあった。

・「フォルダーオプション」の表示がおかしい
表示がずれていたり、「表示」タブで余白が異常にあったりする。
win10insidepreview10158_69.png win10insidepreview10158_70.png

・バッテリーの通知画面が全画面表示されてしまう
win10insidepreview10158_66.png
何度か発生するのを確認。

・通知の下に空白ができることがある 再発
Build 10074あたりから発生していた問題が再発した模様。
再発と言うより、元々直っていなかったのを偶然発見しただけかもしれない。


・Windows フォト ビューアーが無くなった?
Build 10162では、画像ファイルを「Windows フォト ビューアー」に関連づけすると、なぜか印刷ウィンドウが開いてしまっていた。
それがBuild 10166からのBuildでは、項目すら無くなっていた。
ただ、項目は無くなっているもののファイル自体は残っており、どうやらTIF,TIFFのみ対応で、
それ以外の形式に関連づけすると、「アプリケーションが実行できない」というメッセージが出た。
win10build10240_06.png
「フォト」アプリに統合させるつもりだと思うが、使いにくいので無くなると非常に困る。
是非とも復活して欲しい。

・Insider Hubがない?
「設定」アプリより追加可能。
「設定」アプリ,「システム」,「アプリと機能」項目内の「オプション機能の管理」をクリックし、
「機能の追加」から「Insider Hub」を選択すると追加される。
win10insidepreview10158_64.pngwin10insidepreview10158_65.png

・アプリが突然起動できなくなる
Windows8からある問題で、ある日突然複数のアプリが起動できなくなる問題がまだ直っていない。
発生する条件は決まっていなく、今回発生する前に行ったこととしては、セキュリティパッチを当てたことくらいか。
また、皮肉なことにMicrosoftアカウントに関連づけしているユーザーで発生してしまうところが残念。

そもそも関連づけしていないユーザーとで分けるのが不具合の元になっているのかもしれないが、基本的には「アプリ」を使いたくない。
また、関連づけすると名前が表示されるのが気になるので、メインで使うユーザーでは関連づけしたくない。
ただ、アプリを試してみたいときやアプリをダウンロードする場合は関連づけしなければいけないので、どうしても2つユーザーを作る必要がでてきてしまう。
Windows10では、さらにアプリを推し進めているようで、重宝していた機能も削られているため、アプリの安定性は是非とも向上して欲しいところ。

・翻訳の問題
これは前のBuildからだが、アプリで「ます」が記号の「ます」になっているのには驚いた(本文「アプリ」のミュージック画像を参照のこと)。
また、細かいところでも意味不明な翻訳がまだ見られる。

それ以前のBuildについて


7月16日にリリースされたBuild 10240が製品版となったため、変わった点の内容はBuild 10240を基準のものとさせていただきます。
そのため、記録としてインストールしたときの様子や個人的な感想だけ残し、変更点,改善点については、内容を統合し省いています。
なお、ここに記していた問題点については、困ったこと・問題点に挙げた内容以外(問題解消含む)は解決しています。

・Build 10240
7月16日にWindows UpdateにてBuild 10240がリリースされた。
このBuildは、RTMではないかと推測されているが、実際のところは不明。
ただ、リリース日まで2週間を切ったので、そろそろ仕上げないとまずい頃だろう。
win10build10240_01.png win10build10240_02.png
名称も「fbl_impressive」から「TH1」に変わっている。
使用期限は表示されず。

残念ながらBuild 10158から確認できている問題の一部は改善されず。
特に、「フォルダーオプション」の表示崩れなんかは明らかにわかりやすいと思うのだが・・・。
「Windows フォト ビューアー」についても、大変重宝していたので無くなると困る(厳密には存在し、TIF,TIFF形式のみ対応)。

・Build 10166
7月10日にWindows UpdateにてBuild 10166が配信された。
今回の更新は、安定性の改善や不具合修正の他に、ストアにてMicrosoft Wi-Fiが入手できるようになったそう。
win10insiderpreview10166_00.png win10insiderpreview10166_01.png
使用期限はBuild 10162と同じ。
また、不具合修正についても、相変わらず確認できたものは修正されていなかった。

・Build 10162
7月3日にWindows UpdateにてBuild 10162が配信された。また、ISOも更新された。
連日アップデートが続くが、今回は安定性や不具合修正が主な内容で、発売に向けての更新だそう。
win10insidepreview10162_00.png win10insidepreview10162_01.png
だが、その割にはBuild 10158-10159で確認できた不具合は直っていなかった。また、変更点もなさそう。
そのため、Build 10158-10159の変更点や不具合の情報を統合しました。

使用期限は[2015/10/2 8:59]まで。
※今回から使用期限も記録していきます。

・Build 10159
7月1日にWindows Updateにて Build 10159が配信された。
今回からBuildの更新をするには、Microsoftアカウントでのサインイン(関連づけ)が必須となった。
win10insidepreview10159_00.png win10insidepreview10159_01.png

・Build 10158
6月30日にWindows Updateにて Build 10158が配信された。
win10insidepreview10158_00.png win10insidepreview10158_01.png
※現時点で変わった点の内容は、このBuildを基準にしています。

・Build 10130
5月30日にWindows Updateにて(6月6日よりISOファイルにて)Build 10130が配信された。
win10insidepreview10130_01.png win10insidepreview10130_03.png

ダウンロードには時間がかかったが、インストールの画面(下の画像)でしばらくフリーズしていた問題が解消した。
win10insidepreview10130_02.jpg
インストール自体は45分程かかった。

・Build 10122
5月21日にWindows UpdateにてBuild 10122が配信された。
win10insidepreview10122_01.png win10insidepreview10122_02.png
ダウンロード/インストールの時間や動作については相変わらず。

・Build 10074
4月30日にWindows Update及びWindows 10 Insider PreviewにてBuild 10074が配信された。
win10insidepreview10074_00.png win10insidepreview10074_01.png
今回はISOが提供されたため、クリーンインストールを行った。インストール完了まで30分ほどかかった。
インストール後の設定画面のほとんどが未翻訳だったり、ユーザー名の設定後にexplorer.exeでエラーが発生したりと多少問題はあったものの、無事先に進んだ。

少々操作した感想としては、相変わらずユーザーフォルダー内の項目が二重だったり、スタートメニューが不安定だったり、翻訳が不完全だったりと不具合が目立つ。
起動時間についても、クリーンインストールしたのにも関わらず、クリーンインストール前とさほど変わりはなく、快適にはならなかった。

困ったこと・問題点


※テスト版なので問題は多々あるかと思いますが、確認できたものを載せています。

・「PC」でUSBメモリ等を取り外した際に「通知」が出ないことがある (Build 10122~)


右下にメッセージが出る時と出ないときがある。メッセージが出なくても、取り外し自体は成功している模様。

・スタートメニューの動作が不安定 (Build 9926~)


項目を追加したり、履歴を削除すると開かなくなることがある。

・「設定」アプリの動作が不安定


設定中にアプリが固まることがある。

・Windows Updateがコントロールパネルに無い (Build 9926~)


win10techpreview9926_36.png
探し方が悪いのか見当たらず。アプリの「設定」から行うようになってしまったのか。
また、たまたまなのか、なぜか更新プログラムを選ぶことができず、余計なドライバまでインストールされてしまった。

・アプリケーションの表示切れ (Build 9926~)


フォントが変わったためか、ウィンドウサイズが固定されているアプリケーションでの表示が切れてしまう。
ThinkPadアプリの「キーボード機能のカスタマイズ」の下部の表示が切れていた。
win10techpreview9926_37.png

・"デスクトップ"に余計なものが表示されない (Build 9926~)


非常にあまのじゃくではあるが、ウィンドウをたくさん開いているときに、デスクトップが見れない時がある。
そんなときは、エクスプローラーから「デスクトップ」を開き、たとえばゴミ箱の中身を開いて内容を確認したりするときがある。
しかし、そういったものが一切表示されず、自分で作成したフォルダーやファイルのみが表示されるようになった。
win10techpreview9926_38.png
これはこれで正しいことなのだが、個人的にはちょっと不便かも。

・ユーザーフォルダーの空白を右クリックし「このフォルダーをカスタマイズ」をクリックするとエラーが発生


Windows7で確認したところ「変更できない」というメッセージが表示されるが、いきなり空白のエラーが表示された。
win10insidepreview10162_06.pngwin10insidepreview10122_06.png
いつ頃から発生しているかは不明。

・無線LANで接続ができないことがある


検証用マシン2の無線LANアダプタが悪いのか、PCを起動した際に通信が出来なくなることがある。
システムを再起動すると問題なく、問題が発生した場合でも、無線LANを一旦「無効」にすることで通信出来るようになる。
物理的にスイッチを入れ直しても駄目で、「アダプターの設定の変更」から無線LANを一旦「無効」にするのがミソ。

・一部デバイスが認識されない (検証用マシン1)


インストールしたマシンが古いものなので仕方が無いが、フロッピー関連と思われるものが認識されなかった。
チップセットドライバを指定しても認識されず。
win10techpreview9841_04.png
Windows10からは、フロッピードライブを標準でサポートしないようなので、もしかすると関係があるのかも。

ちなみに、グラフィックに関しても最初は動きが鈍かったが、
インターネットに接続したところ、自動でドライバを読み込みに行ったのか、しばらく放置しておいたら快適に動くようになった。

全体的な感想について


以下の文章については、当時のBuildで発生していた問題や感想を書いたものです。
文章内で指摘している問題点は、すでに修正や改善がされているものもありますがご了承ください。

全体的な感想 (Build 10240)


RTMと推測されているが、以前からの問題(翻訳含む)が直っていなかったり、ここにきて新たな不具合が見られた。
特に、ネットワークにつながらないことがあるのは致命的。
また、起動時間もだいぶかかるようになった。
これは、インストールしているPC(HDD)が古いのが悪いのだと思うが、
初期のBuildから比べて4倍、前回のBuildに比べて2倍くらいかかるようになったので、
新たに追加されたサービスか何かが悪さをしているのだと思う。

いまだに直っていない不具合も多く、また操作性の悪さも変わらず。
便利になるどころか以前より重宝していた機能も削られたりで、それらについて何度かフィードバックしているものの、まったく改善されない。
フィードバックが届いていないのではと心配になる。
正直あまり批判をしたくはないのだが、こんな出来では一から考え直して延期したほうがいいのではないだろうかと改めて思った。

全体的な感想 (Build 10166)


前回までと同じような内容になってしまうので、なにか確認できれば更新する予定です。

全体的な感想 (Build 10162)


またまたBuildが更新されたが、こちらで確認できた不具合は解消されず。
頻繁に修正などを盛り込んだアップデートがあるのはいいことだが、ダウンロードやインストールに時間がかかるのを何とかしてほしい。

それ以外の感想はBuild 10158-10159と同じです。

全体的な感想 (Build 10159)


前回のBuildから1日後にリリースされた。今までで一番最短のリリースだった。
前回のBuildはやはり安定化を目指したBuildのようで、このBuildはどちらかというとテスト的なものらしく、
新機能の追加や細かい不具合修正といったものが盛り込まれている。

目立った変更は、ユーザーの切り替え画面に背景が追加されたこと。
ロック画面は、以前から背景を設定することができたが、ユーザーの切り替え画面に関しては単色でつまらないものだった。
今回、アップデート後にサインインしようとすると、背景が表示されたので驚いた。
正直どうでもいい変更だが、少しでも見た目を良くしていくように受け取れた。
今後は、壁紙が変更できるようになると思われる。

不具合については、Build 10158のものを引き継いでいる感じで、
今のところ新たな問題は発生していないが、多少は身構えておいたほうがいいかもしれない。

頻繁にアップデートしていってどんどん不具合修正をしていってほしいところ。
出来れば、Buildの差分アップデートを導入してほしい。

全体的な感想 (Build 10158)


1ヶ月ぶりの新しいBuildとなった。
今回のBuildでは、以前までのBuildで発生していた重大な不具合が解消された。
特に、スタートメニューからシャットダウンや再起動をすると必ずエラーが発生したり、
しばらく操作しているとシステムが不安定になる問題は厄介だった。
また、翻訳もまだまだおかしなところがあるものの、以前に比べれば大分マシになったので、
それも踏まえて現時点では、この記事では基準のBuildとさせていただいた。

時期的には、このBuildはRCの位置づけだと思うが、以上の問題が解決したとはいえ、お世辞にも出来がいいとは思えない。
未だにスタートメニューは不安定だし、設定アプリも固まることがある。
また、細かい不具合も残っており、まだまだ改善の余地はあると思う。

これまでにVista,7,8(8.1)のテスト版を使用してきたが、Vista以外はサブマシン等に入れて常用していた。
8では操作に迷い、7や8.1も当初は不安定だったり細かい不具合があったりしたが、操作性はともかく、流石にどれもRCではある程度安定していた。
10でも以前までのBuildは酷いものだったものの、今回のBuildは正直期待していたのだが、まだまだ安定には欠けるという印象。
リリースまで1ヶ月を切ったので、このまま完成するのかとても心配。
パッケージの発売はまだ先ということなので、無償アップデートもしばらくは控えたほうがいいのかもしれない。

デザインや操作性についても不満が多いが、8の流れからいってこのままでいく可能性が高いので、納得して使うしかないのかと思っている。
ただ、10からは新機能もどんどん追加され、バージョンという概念がなくなることから、
リリース後もInsider Previewが続くということで、そちらのほうに期待したいところ。
今のところ期待が裏切られているので、逆にあまり期待しないほうがいいのか。何とも言えない感想でした。

全体的な感想 (Build 10130)


今回のBuildでは、アップデートによるインストールの時間が若干短縮された。
不具合については、以前のBuildで発生していた問題が再発したものが多かった。一進一退といったところか。
見た目や操作性については、7以前のようなものを選べることは無く、新しいものに移行していっている。
いままでのウィンドウで設定する項目がどんどん「設定」アプリに移動しているが、いままでより設定しにくくなったり、
「設定」アプリがフリーズしやすいので、設定する場所を統一するならばそこら辺を改善していってもらいたい。
スタートメニューが不安定なのは相変わらず。翻訳についてはだいぶ改善されている。

操作性やスタイルがだいぶ定まってきたようで、どうやら心配していた「タブレット風」に移行していきそうな感じ。
選べるようにして欲しいと何度も書いてはいるが、今のところはそういう考えはなさそう。
ただ、操作がコロコロ変わるのもどうかと思うので、変えるなら使いやすく、安定性があるものにしてほしい。

全体的な感想 (build 10122)


以前と比べて不具合が修正されたものの、また新たに不具合が発生しているのは相変わらず。
フィードバックや開発の面では、Insider Habアプリが見やすくなったり、「設定」の「開発者向け機能」がようやく使えるようになった。
また、環境のせいかBuild 10074ではなぜかFeed Backアプリに投稿できなかったが、今回のBuildでは修正されている。

夏頃リリース予定ということで、まだ公式に発売(配布)日は発表されていないが、期待する一方で完成するイメージが浮かばないのも事実。
それは見た目だったり操作性が今ひとつ定まっていなかったりと色々あるが、一番は安定性がイマイチだったり動作の重さが目立つところ。
未だに新しくなったスタートメニューが頻繁に固まったり、アプリの動作が不安定なので、発売日までにはなんとかしてほしいところ。
Windows10からはアップデートで機能を追加するため、バージョンという概念は無くなるそうだが、仮にこのままの状態でリリースされたら評価を落としかねない。
リリース後にも不具合を修正するためのアップデートが行われるが、スタートメニューの挙動や動作の遅さをきちんと直してからリリースしてほしい。

全体的な感想 (Build 10074)


今回のBuildでより一層、全体的な操作性がWindows8以降の「アプリ」風味にシフトしていくように感じ取れた。
従来の操作性には戻さないようなので残念。操作性を選べるようにとフィードバックは出しているのだが、慣れていくしかないのか。
いわゆる「タブレットモード」だとそれでいいのかもしれないが、細かい設定や操作ができないので不便。
一方、操作性以外では不具合が目立ち、一部未翻訳の部分も多くみられた。

今回のBuildでは「Insider Preview」に名称が変わったが、不具合等は以前のBuildに比べてそんなに改善されていなかった。
そろそろ発売日が発表される頃だと思うが、今年の夏頃だとしたら正直延期したほうがいいのではと思う。
今後のテスト版や製品版までにはフィードバックが取り入れられていればいいのだが。
コメント

トラックバック

http://tattu1902.blog136.fc2.com/tb.php/99-bd147eaf