CANON CP900 ドライバインストール(Win8[8.1],10 x64) - Tattuの備忘Log

Tattuの備忘Log ホーム » 設定記録 » CANON CP900 ドライバインストール(Win8[8.1],10 x64)

CANON CP900 ドライバインストール(Win8[8.1],10 x64)

(2015/10/21) Windows10での設定について追加

先日、依頼があったので、タイトルのプリンターをWindows8で使えるようにした。
実はこの製品、Windows8がリリースされる直前に発売されたのだが、なんと8に対応していないという。なので、Windows7のドライバを導入するしかない。
最初は7のドライバでも使えるかと思ったが、バージョンチェックではねられた。
試行錯誤した結果「ドライバが署名されていない為インストールできない」と表示され、無限ループに。
その「ドライバが署名されていない」がまさにキーワードで、そこをいじったら解決できた。

使えるようにするまでに参考になったサイトは以下の二つ。海外のサイトに情報が載ってた。感謝。
Amazon Comment [How to print with Windows 8]
Canon launches Selphy CP900 Wi-Fi compact 4x6" photo printer (Comment)

※以下のことを試した場合、システムが不安定になる恐れがあります。
また、インストールされているソフトやドライバの環境によってはうまくいかないかもしれません。
なお、今後の更新などで使えなくなる可能性がありますので注意してください。


1.CP900のインストールCDを入れ、右クリックでCDを開き、「setup.exe」を右クリックして「互換性のトラブルシューティング」をクリック


2.「推奨設定を使用する」をクリックし、「プログラムのテスト」をクリック。UACの警告が出たら「はい」をクリックする。


3.「選んでインストール」をクリックし、ソフトのみにチェックを入れる。

ここでドライバにチェックを入れると、ドライバがエラーでインストールできない。

インストールが終わったら再起動はしないで、トラブルシューティングのウィンドウをクリックし、「キャンセル」をクリック。


4.7用のドライバを公式サイトからダウンロードする。

5.ドライバの署名制限を無効にする。
まず念のため、アクションセンター(10ではセキュリティとメンテナンス)より「Windows SmartSrceen」を無効化する。


次に、ドライバの署名制限を無効にするために再起動の準備をする。

~Windows8,8.1の場合~
画面右端にマウスを移動し、「設定」 またはキーボードの「Ctrl」+「I」キーを押し、「PC設定の変更」をクリックする。

8では「全般」をクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」の項目で「今すぐ再起動する」をクリック。
8.1では「保守と管理」、「回復」の順にクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」の項目で「今すぐ再起動する」をクリック。 


~Windows10の場合~
「スタート」、「設定」またはキーボードの「winキー」+「I」キーを押し、
「更新とセキュリティ」、「回復」の順にクリックし、「PCの起動をカスタマイズする」の項目で「今すぐ再起動する」をクリック。
cp900_20.png

その後出る画面で、「トラブルシューティング」、「詳細オプション」、「スタートアップ設定」、「再起動」の順にクリックし、
起動したら「7」または「F7」キーを押す。

しばらくするといつも通りのデスクトップが表示される。これで、一時的に署名制限が無効になった。
 
6.先ほどダウンロードしたドライバのインストーラを右クリックし、「互換性のトラブルシューティング」をクリックする。


「問題のトラブルシューティング」をクリックし、「以前のバージョンの・・・」と「プログラムにアクセス・・・」にチェックを入れる。


「Windows7」にチェックを入れる


「プログラムのテスト」をクリックする。ここでまたUACの画面が出たら「はい」をクリックする


セットアップ画面が出る。なお、タスクバーに表示されないので注意。
セットアップを進めていき、接続方法の選択をする。今回は無線LAN経由で接続するので、「無線ネットワークで使用する」を選択した。 

選択した後でインストール画面が消えたままになった場合、タスクマネージャから一旦ドライバのインストーラを終了し、セキュリティソフトを止めてから再度インストールする。

先に進め、この画面が出たら「このドライバー ソフトウェアをインストールします」をクリック。ここが肝です


インストールが終わったらこの画面が出るので「完了」をクリック。


トラブルシューティングのウィンドウに戻り、「キャンセル」をクリック。


7.セキュリティやWindows SmartSrceenの設定をいじっていたら元に戻し、パソコンを再起動。
「SELPHY Photo Print」を起動し、このような画面になっていたらOK。


プリンター名の後ろに(1)と書いてあるのが気になる場合は、プリンターの設定で名前を変更すればOK。
もし、ソフトを閉じた時に「互換性アシスタント」が表示される場合は「正しく動きました」をクリックでも良いが、
今後の為に互換性アシスタントを終了することをおすすめします。

自分もCANON製で今となっては古いプリンター(MP600)を8で使用しているが、7のドライバでもすんなりインストール出来た上に不具合無く使えている。
それがMP600より新しいこのプリンターではすんなり使えないのはどういうことか。
新しい製品に換えた方が良いのかもしれないが、そもそもこのプリンターは発売されてからまだそんなに経っていないので、対応して欲しいところ。
コメント

もしご存知でしたら

まさに私の必要としている情報でした。ありがとうございます。
記載の手順で問題なくすすめることができましたが、ドライバのインストールがウィルススキャンソフトを停止させても進まない状況です。
タスクマネージャーを確認すると「cnycpins.exe」がCPUを15~25%使用の状況が継続し、一向に発行元不明のドライバ導入のウィンドウが開かない状況です。
何か問題・解決策等、思い当たることがあればご享受ください。

2015-11-10 10:10 │ from あっさんURL

Re: もしご存知でしたら

書き込みありがとうございます。

問題の件ですが、途中で止まってしまう件については記事に書いてある通りで、1度だけ発生したことを記憶しています。
アンチウイルスソフトを止めても状況が変わらないということでしたので、他の何かが邪魔をしているかと思います。

もしされていなければ、Windows SmartSrceenやUACを解除し、もう一度試してみて下さい。
それでも固まった場合は、「cnycpins.exe」の優先度を「高」や「リアルタイム」にして様子を見て、
何も変わらないようであればタスクマネージャーから終了し、状況が変わらないか試してみて下さい。
変わらなければ、インストーラをタスクマネージャーから終了し、再度インストールしてみて下さい。

参考までに、作業したパソコンのアンチウイルスソフトはMcAfeeが導入されており、
最近もWindows10にて同じ操作を行ったそうですが、特に不具合は無かったとのことでした。
パソコンの環境や性能については、複数台ですのでアンチウイルスソフトしか共通点は無いと思われます。

明確な回答が出来れば良いのですが、かなり前の話でして、その上知人のパソコンでの作業でしたので、
こちらで検証することが出来ず申し訳ありません。うまく使えるようになれば良いのですが。

2015-11-10 23:37 │ from TattuURL

本当に助かりました。

win10にアップデートしたところ、CP900が使えなくなってしまい、途方に暮れていました。
おかげさまで、バッチリ使えるようになりました。

canonもちゃんとサポートして欲しいですよね。

ありがとうございました。

2015-12-16 07:22 │ from やまげURL

ありがとうございます!

パソコンを買い替えたため、CP900が廃棄処分になるのかと思っていたところ、こちらの情報で使えるようになりました。
貴重な情報をありがとうございました。

2016-03-14 07:59 │ from ぽよURL Edit

トラックバック

http://tattu1902.blog136.fc2.com/tb.php/90-0b40abbb