ドライバを完全削除する - Tattuの備忘Log

Tattuの備忘Log ホーム » ソフトウェア » ドライバを完全削除する

ドライバを完全削除する

あるドライバを間違って導入してしまい、ワイヤレスUSBマウスが動作しなくなってしまった。
仕方が無いので有線接続のマウスで操作し、問題のドライバを削除して解決したと思ったが、
再起動後に「新しいデバイスをインストールしています」と表示され、問題のドライバが導入されてしまい、無限ループに。

いつもならば即初期化をするところだが、どうしてもパソコンでしなければいけない作業があり、初期化は避けたかった。
それならば有線接続のマウスを使えば良いのだが、所持しているマウスのクリック音がうるさいため、どうしても直らなかったときの最終手段とした。

何とか解決出来ないかインターネットで調べたところ、「ドライバのキャッシュを削除する」という方法があったので、試したところ解決した。
以下に解決までの手順をメモする。

※以下の操作を行う際には、削除すべきだと思われるファイルを事前にバッグアップすることをお奨めします。
また、不具合が発生する可能性がありますので注意して下さい。


1:C:\Windows\inf」を開く
2:問題のドライバのキャッシュ(PNF、inf形式のファイル)を消去する

確認方法としては、問題のデバイスの「ハードウェアID」と「oem**.inf」のファイルの内容とを照らし合わせて、
同じ文字列があった場合はそのファイルを削除する。

例えば、「oem50.inf」のファイルにハードウェアIDの内容と同じような文字列がある場合は、「oem50.inf」と「oem50.PNF」を削除する。
ファイルの更新日時が、問題が発生した時刻に近いほど書いてある率が高い。
削除すべきファイルは複数存在することもあるので注意。

3:デバイスマネージャを開き、問題のデバイスを削除する
4:「操作(A)」をクリックし、「ハードウェア変更のスキャン(A)」をクリックする

5:再起動

再起動後、「新しいデバイスをインストール・・・」が表示されなくなり、ワイヤレスUSBマウスで操作が可能になった。
念のため、マウスのドライバを導入し直した。

問題が発生した当初はヒヤヒヤしたが、勉強にもなったし、無事解決出来たのでほっとした。
記事とは関係ない話だが、HDDの容量が少なくなってきたので、そろそろ増設しなければなあ。
コメント

トラックバック

http://tattu1902.blog136.fc2.com/tb.php/72-114d79e9