Windows10 Insider Preview その5 - Tattuの備忘Log

Tattuの備忘Log ホーム » パソコン » Windows10 Insider Preview その5

Windows10 Insider Preview その5

(2017/08/03) Build 16257について更新
※当記事はテキスト及び画像の量が多い為、ページの表示やスクロールに時間がかかったりブラウザが重くなります。
ご了承ください。


Build Update / Build 16257 / Build 16251 / Build 16241 / Build 16237 / Build 16232 / Build 16226 / Build 16215 /
Build 16199 / Build 16193 / Build 16188 / Build 16184 / Build 16179 / Build 16176 / Build 16170 /

Windows10では、こまめに機能を追加していくということで、今後は「Windows xx」といったバージョンという概念は無くなる。
その為、Windows Insider Programに参加すると、新しい機能(不具合含む)を一足先に試すことが出来る。
2017年8月9日からは公式サイトにてISO形式でBuild 16251が配布されている。
現時点では、2017年8月3日よりWindows Updateで配布されているBuild 16257が最新。

これ以前の情報は
Windows10について [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その1 (TH1リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その2 (TH2リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その3 (RS1リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その4 (RS2リリースまで) [当Blog記事]
や他のサイトをご覧ください。

Insider Previewは、あくまでもテスト用のバージョンなので、
インストールする場合は、問題に対処できるように事前にバックアップをとった上で自己責任で行ってください。
また、この記事に書かれている内容は、今後のバージョンアップで大幅に変わることが予想されるので、参考程度にご覧ください。
参考:テストに使用しているPC

UserAgent
(Windows10 Insider Preview x64 [Build 16257],IE11)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


(Windows10 Insider Preview x64 [Build 16257],Edge)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/58.0.3029.110 Safari/537.36 Edge/16.16257

※Edge/1x.***** の[*****]にはビルドナンバー(「Micrsoft EdgeHTML」のバージョン)が入る。

Build Update


製品版がアップデートされた場合は、その都度この記事でまとめたり、Windows10についての記事に統合します。
 詳しい変更点や既知の問題については、Windows Experience Blog [英語]の各Buildの記事をご覧ください。
 また、当記事の内容は、上記のBlogより一部の内容を掲載・引用していますが、誤訳がある場合やすべての内容を掲載していませんので参考程度にご覧ください。

更新について


Insider Previewに切り替えたり、テスト版のBuildを更新する場合はMicrosoftアカウントとの関連付けが必要です。
また、「設定」アプリより「Insider Preview ビルドの受け取り」をする設定が必要です。
win10Buildupdate_05.pngwin10Buildupdate_06.pngwin10Buildupdate_07.png
※クリーンインストール後は、Windows Updateに新しいInsider Buildが表示されるまでしばらくかかります(数時間~)。
大抵は時間をおいてから確認すると表示されますが、なかなか表示されない場合は、しばらく使用したり電源を入れっぱなしにしておくと良いかもしれません。

なお、Insider Previewに参加済みのPCを製品版またはテスト版(ISO)でクリーンインストールした環境で確認しています。

Buildのアップグレードに時間がかかる・不具合が発生する場合


「更新プログラムを初期化しています...」や「更新プログラムをダウンロードしています 0%」というメッセージのまま表示が変わらない場合、
しばらく放置(1時間~?)することでダウンロードやインストールが行われます。
Buildのアップグレード時は、安定したネットワークや電源に接続した上で、時間があるときに行うことをお勧めします。

また、「一部の更新が取り消されました。・・・」といったメッセージが表示された場合、以下のレジストリキーを削除することで改善されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update\RequestedAppCategories\8b24b027-1dee-babb-9a95-3517dfb9c552
PC Build Install: "Some Update Were Cancelled" - Microsoft Community

Build 16257


8月3日にWindows UpdateにてBuild 16257がリリースされた。
win10Build16257_01.png win10Build16257_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16257.rs3_release.170728-1700]。
使用期限は[2018/07/03 2:38]まで。

今回も機能追加や不具合修正が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16257 for PC & Build 15237 for Mobile - Windows Experience Blog

変更点


・[アカウント] PINに文字や記号が設定できるように (Build162**?)
win10Build16257_03.png

・[Edge] 機能の強化

・Fluent Design(すりガラス)に対応
win10Build16257_04.png

・アドレスバー内のアドレスの一部を選択・編集しやすくなった

・[簡単操作] 目で操作する「Eye Control(Beta)」機能の追加
体に障害のある人向けに「Eye Control」という機能が追加された。
この機能を有効にすると、目を使ったマウスやキーボードの操作が行える。

機能を使用するには、専用のハードウェア(Tobii Eye Tracker 4C)が必要で、
さらにドライバやソフトなどを導入後に「設定」より機能をオンにすることで初めて使用することが出来る。
機能に対応するハードウェアについては、今後もベンダーと協力して増やしていくとのこと。
また、ベータの為、すべての機能が正しく動作しないことがあるので注意。

・[コマンドプロント] 24bitカラーをサポート
この変更については、当Build(16257)以降をクリーンインストールしないとプロパティ(画面の色?)に表示されないので注意。

・[WSL] 「Beta」という表示が消えた (Build 16251?)
「Windowsの機能」にある「Windows Subsystem for Linux(WSL)」からついにBetaという表示が消えた。
win10Build16257_05.png

今後は、ストアからUbuntu以外のLinuxがダウンロードできるようになる(現時点ではSUSEが追加)とのことで、
WSLで様々な作業が出来るようになることが予想される。
win10Build16257_06.png win10Build16257_07.png

改善点


・[アップグレード] 一部の環境でBuild 16241以降が配信されない問題

・[アップグレード] 最新のBuild(16241~16251)へアップグレード後に、ネットワーク設定の一部がリセットされてしまう問題

・[タッチキーボード] タスクバーの「タッチキーボード」ボタンから起動する際のパフォーマンスが向上

・[タスクバー(バッテリー)] 残量や充電時間のテキストに不要な文字列が表示されることがある問題

・[エクスプローラー] 特定のフォルダーにアクセスすると「作業中・・・」と表示されてしまうことがある問題
Buildのアップグレード後に「Windows Search Service」が初期化されないために発生する問題で、珍しいケースだそう。

・[Edge] 画像を右クリックしてからコピーして張り付けると、画像ではなくURLが張り付けられることがある問題

・[Edge] ページズームレベル(拡大)を「100%」以外に設定すると、IME予測候補が入力中のテキストに重なって表示される問題

・[Edge] 新しいタブに切り替えてから元のタブに戻った場合、ナレーターがページの位置を記憶せず、初めから読み上げてしまう問題
※「Edge内のタブ」ではなく、「Edgeでページを読み上げ中に別のアプリへ切り替え、再度Edgeに切り替えた場合」という意味かもしれません。

・[Defender] エクスプローラー上で、名前に「#」が含まれているフォルダーを右クリックからスキャンできない問題

・[アプリ] UWPアプリで「Win+H」キーを使用してテキストフィールドを指示する機能が動作しない問題

・[アプリ] 「ストア」からダウンロードしたソリューションを使用してVPNに接続すると、システムがクラッシュする可能性がある問題

・[ゲーム] x86(32bit)環境で一部のゲームをプレイしようとすると、ハングアップしてしまう問題

問題点


・[アカウント] 「PINを忘れた場合」または「パスワードを忘れた場合」をクリックすると、以後「お待ちください・・・」というメッセージになってしまう [再掲,Build 16237~]
今度は、アップグレード直後に"Microsoftアカウントと関連付けているアカウント"が2つ表示される症状が発生してしまった。
1つは、アカウントを追加してから一度サインイン済みの状態(パスワードの入力欄のみ表示)。
もう1つは、アカウントを追加してから一度もサインインしていない状態のもの(パスワードとメールアドレスの入力欄が表示)。
これについては、一度"パスワードが設定されていないほかのアカウント"にサインインすることで改善された(その後は本来の"一度サインイン済みのもの"のみが表示)。

ただ、"Microsoftアカウントと関連付けているアカウント"にはPINを設定していたのだが、なぜかPINでサインインできず。
試しに「パスワードを忘れた場合」をクリックすると、設定画面が出るものの、以後「お待ちください・・・」と表示されてしまうようになってしまった。
結局、設定画面を閉じてから正しいパスワードを入力して"Microsoftアカウントと関連付けているアカウント"にサインインし、
PINを設定しなおしてから再度サインイン(ロック画面でサインイン方法を「パスワード」から変える必要あり)することで、PINによるサインインについては解決した。

・[スタート] 「ときどきスタート画面におすすめを表示する」をオフにしているにもかかわらず、表示されることがある [既知の問題,Build 16251~]
表示されている場合は、「設定」,「個人用設定」,「スタート」で「ときどきスタート画面におすすめを表示する」を一旦オンにしてからオフにする必要がある。
ただ、今回のBuild(16257)では、以上の操作を行っても、再起動すると再び表示されてしまう。

・[ストア] アプリをインストールまたは更新する際に「80070057」エラーが表示されることがある [既知の問題]
回避策としては、エラーが出ているアプリをアンインストールし、ストアからアプリをインストールし直すことが挙げられている(更新の際にエラーが出る場合)。


Build 16251


7月27日にWindows UpdateにてBuild 16251がリリースされた。
また、8月9日からは公式サイトにてISO形式ファイルが配布されている。
win10Build16251_01.png win10Build16251_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16251.rs3_release.170721-2122]。
使用期限は[2018/07/03 2:38]まで。
今回より、「rs3」という名称が付き、次期のアップデートのリリースが近くなってきたものと思われる。
ただ、
「Windows 10 Fall Creators Update」で廃止・非推奨となる機能が明らかに - 窓の杜
Microsoft、一部Atomに対するWindowsの大型アップデート提供を打ち切り - PC Watch
といった発表もあり、将来的には古い端末では使いづらくなったり、アップデートできなくなることが予想される。

当記事で評価中のPCも古いものの為、度重なるアップデートで使いづらくなったり、動作も遅くなりつつあるので、
このままだと機械の寿命よりも先にOSの要求でアップデートが行えなくなり、評価できなくなることも予想される(もはや古いPCでの評価の需要はなし?)。

今回も機能の追加や改善が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16251 for PC & Build 15235 for Mobile - Windows Experience Blog
スマホで閲覧中のWebページをPCへ送信 ~「Windows 10 Insider Preview」Build 16251 - 窓の杜

変更点


・[アップグレード] 初回サインイン時に表示されるメッセージの一部が「現在準備中です」に変更
ちなみに、その後いったんサインアウトし、ほかのユーザーにサインインした際は、「現在準備中です」というメッセージは表示されなかった。

・[入力] 機能改善

タッチキーボード
・片手キーボードのサイズが若干大きくなり、境界線が太くなった
・入力音がソフトなものに
・タッチキーボードの起動・終了時にアニメーション(画面下からスクロール)が表示されるように

ペン
・バレルボタン(ペン側のボタン)を押したときに、オブジェクトを選択してドラッグできるように
 Win32アプリケーションやEdge(Build 16215~)で既に使用可能だったが、UWPでも使用できるようになった。

タッチパッド
・2本指でのスクロールがスムーズになるように調整

・[Cortana] Webの検索結果が表示できるように
いちいちブラウザを立ち上げなくても、検索結果が表示できるようになった。
「>」をクリックすると、右側に検索結果のページが表示される。
win10Build16251_03.png
表示できるのは検索結果(「ウェブ」)のみで、ほかの項目(「画像」など)やリンク先をクリックすると、ブラウザが立ち上がる。

・[People] 「My People pops」の名称が「My People notification」に変更
「設定 - 個人用設定」、「タスクバー」の設定項目に反映されている。
win10Build16251_04.png

・[設定] 「電話」カテゴリーの追加
新たに「電話」カテゴリーが追加された。
win10Build16251_05.png win10Build16251_06.png
ここでは、電話(スマートフォン)とパソコンをリンクし、パソコンで作業した続きをスマートフォンで行うことができる。

リンクを行うには、「電話の追加」よりパソコンからスマートフォンへSMSを送り、
スマートフォン側でSMSに含まれているアドレスよりアプリをインストールする必要がある。
win10Build16251_07.png
なお、デフォルトでは「JP (+81)」が選択されていないので、手動で選択する必要がある。

今回のBuildでは、PC-スマートフォン間でWebページを閲覧する(続きを読む)機能を試すことができる。
残念ながら当方の環境では試せないが、現時点では恐らくAndroidのみの対応だと思われる。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「自動デバイス セットアップ」が「プライバシー」項目へ移動
win10Build16251_08.pngwin10Build16251_09.png
なお、この機能が影響しているのか、仕様変更なのかは不明だが、
オンにした場合は、シャットダウンや再起動を行ってもユーザーにサインインされた状態になる(問題点)。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「Windows Insider Program」に新たな選択肢の追加
「Windows オペレーティングシステムの・・・コンテンツを取得します」の下に新たな選択肢が追加されている。
win10Build16251_10.png
どうやら、次期のアップデート(現時点ではrs3の次)のテストBuildがリリースされた際にダウンロードするか選択するものらしい。
Windows 10 Fall Creators Updateの次のバージョンのプレビューが始動 - PC Watch

・[コマンドプロント] シャットダウンコマンドの追加
shutdown /sg
コンピューターをシャットダウンし、次回起動時に登録済みのアプリケーションを再起動する。

shutfown /g
コンピューターを完全シャットダウンし、再起動する。システムが再起動したら、登録済みのアプリケーションを再起動する。

改善点


・[デバイス] ディスプレイのスケーリング設定が100%以上の場合、表示がおかしくなることがある問題

・[システム] Edgeなどの特定のアプリケーションが動作している場合、「explorer.exe」がCPUを大量に占拠してしまう問題

・[ペン] Win32アプリケーションで、タイトルバーをドラッグして上下に動かすことができない問題

・[ペン] 線などを消去する際に座標が少しずれていた問題

・[タッチキーボード] 特定のテキストフィールドで、選択した文字やフレーズを削除する際に、削除キーを複数回押す必要があった問題

・[スタート] アップグレード後に、一部のInboxアプリのタイルにプログレスバーが表示される問題

・[アプリ] TweetiumなどのアプリでUIが正しく表示されない問題

・[アプリ] Originオーバーレイを使用するゲームで動きがおかしくなる問題

・[Edge] タブレットモードで、表示領域が少ない環境(スナップまたは画面の向き)で、サイトの表示が再スケールされないように

・[Edge] リンクを右クリックし、「リンクのコピー」をクリックしても機能しない問題

・[Edge] PDFが正常に開けない問題

・[Edge] タスクバーにピン留めしたサイトのFaviconが正常に表示されない問題

・[Edge] クラッシュやハングによる信頼性の問題を改善

・[メール] Gmail,Yahoo,AolなどのIMAPメールアカウントで同期されないことがある問題

・[Windows Defender] 「保護されたフォルダー」,「猛威の履歴」,「除外」の構成や一覧を表示する際にUIがクラッシュすることがある問題

・[Windows Defender] ファイアウォール関連のエラーが出る問題
デフォルトのファイアウォールを使用しているが、いまのところエラーは表示されていない。

・[設定] 「電源とスリープ」項目の時間選択の「5分」にのみスペースが入っていなかった問題

・[拡大鏡] 一部の環境で、ビットマップスムージングを有効にした場合、テキストレンダリングが正しく行われない問題

・[IME] かな入力方式でIMEをオンにした時に、日本語のIMEステータス通知が表示されない問題

問題点


・[アカウント] シャットダウンや再起動を行ってもユーザーにサインインされた状態になる
シャットダウンを行っても、高速シャットダウンの影響で、たまにWi-Fiが正常に機能しなくなる時がある。
その際は、ロック画面から再起動を行うのだが、当Buildへアップグレードした直後から、再起動を行う際に「このまま再起動すると・・・・保存されない可能性があります」と表示されてしまう。
また、再起動後にほかのユーザーにサインインした場合でも、ユーザーの一覧で、再起動を行ったユーザーの部分に「サインイン中」と表示されるようになってしまった。

なお、この問題は「設定」、「プライバシー」、「更新または・・・自動的に完了します。」をオフにすることで改善された。

・[アカウント] 「PINを忘れた場合」をクリックすると、以後「お待ちください・・・」と表示される [再掲,Build 16237~]
アップグレード後にすべてのユーザーで一度サインインした後に「PINを忘れた場合」をクリックすると、
設定画面が一瞬出た後にほかのユーザーに切り替わり(サインインはされない)、再度「PINを忘れた場合」をクリックしたユーザーに切り替えると、設定画面が出る。
設定せずにそのまま戻ると、ほかのユーザーに切り替わる(サインインはされない)。
その後、どちらかのユーザーでサインインすると、やはり「お待ちください・・・」の表示になってしまう。

・[スタート,アクションセンター] 100%の透明な背景が表示されることがある [既知の問題]
問題が発生した場合は、タスクマネージャーより「ShellExperienceHost.exe」を終了するか、システムを再起動する必要がある。

・[タスクバー(バッテリー)] 残量や充電時間のテキストに不要な文字列が表示されることがある [既知の問題]

・[タスクバー(ワイヤレスアイコン)] 有線ネットワークのアイコンが表示され、反応しないことがある

・[エクスプローラー] 「並べて表示」(「コンテンツ」も?)した際に、項目が右に寄って表示される
不具合なのかこの仕様でいくのかは不明だが、慣れないためか少々見づらい。
win10Build16251_11.png

・[タッチキーボード] 「入力設定」が機能しない(対応するカテゴリーへ飛ばない)
この影響かは不明だが、起動時にタッチキーボードが表示されるようになってしまった。

・[アプリ] UWPアプリで「Win+H」キーが機能しない [既知の問題]

・[アプリ] 「ストア」からダウンロードしたソリューションを使用してVPNに接続すると、システムがクラッシュする可能性がある [既知の問題]

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「他のPCからダウンロードを許可する」が無効化できない

・[記憶域スペース] Build 16226-16237から当Buildへアップグレードした場合、正しく動作しない [既知の問題]

Build 16241


7月14日にWindows UpdateにてBuild 16241がリリースされた。
また、Server向けとしては初となるBuild 16237も公開開始された(当Blogでは、通常のInsider Buildの情報のみ掲載)。
win10Build16241_01.png win10Build16241_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16241.rs_prerelease.170708-1800]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

7月14日~23日(PST)までBugBushが開催されるため、当BuildはそのためのBuildでもあるそう。
また、機能の改善なども行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16241 for PC & Build 15230 for Mobile - Windows Experience Blog

変更点


・[サインイン] ロック画面からPINやパスワードをリセットできるように
AADPまたはMSAアカウントを使用している環境でPINやパスワードを忘れたときに、ログイン画面が表示されない場合は、
ロック画面からPINやパスワードがリセットできるようになった。

この機能が原因なのかは不明だが、前回のBuild(16237)より「PINを忘れた場合」をクリックしても正常に機能せず、
以後挙動がおかしくなってしまう(問題点)。

・[UI] Fluentデザインのアクリル(すりガラス)のノイズレイヤーがソフトなものに
公式Blogに掲載されている比較画像を見たところ、以前よりもなめらかになっている。

・[ストア] Bash(Ubuntu)がダウンロードできるように
Build 16215以上でストアから直接ダウンロードできるようになった。
win10Build16241_03.png
ただし、「Windowsの機能」で「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れる必要があるのは相変わらず。
また、今まで通りCUIのみで、機能も(Ubuntuを実際にインストールした時のように)完全に動作するわけではないので注意。

・[Edge] 機能の改善

・User Agentの変更
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/58.0.3029.110 Safari/537.36 Edge/16.16241

・InPrivateセッションで「タスクバーにピン留め」がグレーアウトされるように
以前のBuildでInPrivateセッション使用時にタスクバーにピン留めした項目は、通常の(InPrivateではない)セッションで開かれる。

・[仮想現実ポータル] Mixed Reality機能の改善
様々な機能改善が行われているほか、「仮想現実ポータル」のアイコンが変更されている。
win10Build16241_04.png
Windows Insider flight notes - Windows Dev Center

・[設定 -更新とセキュリティ] 「配信の最適化」に詳細オプションが追加
「更新プログラムの設定」項目の「詳細オプション」内にある「配信の最適化」に、
Windows Updateやストアから配信されるデータを受信したり、それらのデータをほかのパソコンへ送信する際のデータ量を管理する設定が追加された。
win10Build16241_05.png

例えば、回線の速度が遅い環境でInsider Buildをダウンロードする場合に、回線を最大限使用しないように設定することで、
ほかのパソコンなどの端末で同時に通信しづらくなる問題が解消される。
win10Build16241_06.png
設定できる下限は5(%,アップロードは5GB)で、上限は100(%,アップロードは500GB)となっている。

「アクティビティ モニター」には、Windows Updateやストアから配信されたデータの受信/送信の総量が表示される。
win10Build16241_07.png
表示されるデータ量は、月初めからのものが表示される。

・[タスクマネージャー] 機能の改善

・GPU表示機能
・「パフォーマンス」タブ内の左側(各種項目の一覧)にGPU名が表示されるように
・「パフォーマンス」タブ内の下部に「使用中/合計のメモリ」が表示されるように
・マルチエンジンビュー(「3D」,「Copy」,「Video Decode」,「Video Processing」)がデフォルトで表示
(チャートを右クリックすることで、シングルエンジンビューに切り替えることも可能)
・「DirectXのバージョン」にサポートされているバージョン(FL)が表示されるように

・アプリのグループ表示機能の改善
・Edgeプロセスで、新たに「Chakra JITコンパイラ」,「UIサービス」,「マネージャプロセス」等が表示されるように

改善点


・[デバイス] 特定のノートPCで、電源が入っていない状態でバッテリーの状態が更新されない問題

・[デバイス] 「Surface Dial UI」が表示されない問題

・[タッチキーボード] 文頭に大文字のキーが自動的に表示されない問題

・[アプリ] ファイアウォールを使用するEdgeやほかのネットワークアプリで、再起動するまで応答しなくなってしまうことがある問題

・[アプリ] EdgeやフォトなどのUWPアプリの信頼性が低下する問題

・[アプリ] Windows Media Playerで音楽ファイルを再生しようとすると、「クラス登録エラー」が表示される問題

・[ゲーム] Xbox Liveゲーム内でプロフィールカードが機能しない問題

・[ゲーム] 配信中にゲームバーがクラッシュする問題

・[Windows Defender] サードパーティ製のファイアウォールをインストールしている場合、「予期されていません」エラーが出る問題
当方の環境(標準のファイアウォール)では、残念ながら改善されていない。

・[Feedback Fub] 投稿画面のスクロールバーの位置がおかしな位置に表示される問題

・[設定 - システム] 「ストレージ」に表示される(C:)の容量が実際のサイズの2倍で表示される問題

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「回復」でPCのリセット(個人用ファイルを保持)を行うと、1%で失敗する問題

問題点


・[アップグレード] 最新のBuildへアップグレード後に、ネットワーク設定の一部がリセットされてしまう [既知の問題]
静的IPアドレスの設定がリセット(自動的に取得)されたり、「プライベート ネットワーク」に設定した場合は「パブリック ネットワーク」に戻ってしまう。
その場合は、アップグレード後に再度設定する必要がある。

・[デバイス] ディスプレイのスケーリング設定が100%以上の場合、表示がおかしくなることがある [既知の問題]
おかしくなった場合は、「設定」、「システム」、「ディスプレイ」、「テキスト・・・・のサイズを変更する」で一度別のサイズに切り替え、
再度設定していたものに切り替える必要がある。

・[アプリ] UWPの入力欄に文字を入力すると、文字の後ろに青色の背景(ハイライト)が表示されたままになる
ひらがなや漢字など、変換して入力した文字にハイライトが表示されてしまう。半角英数だと問題なし。
win10Build16241_08.png
ただし、変換できる状態の場合は、半角でもハイライトが表示される。

・[アプリ] TweetiumなどのアプリでUIが正しく表示されない [既知の問題]

・[サインイン] 「PINを忘れた場合」をクリックすると、ほかのユーザーにログインされ、以後メッセージが「お待ちください」になる [再掲,Build 16237~]
アップグレード後に「PINを忘れた場合」をクリックしないでそのままサインインすると、正常に「ようこそ」や「再起動しています」などが表示され、
「PINを忘れた場合」をクリックすると、以後すべてのメッセージが「お待ちください」になるのを確認したため再掲します。

・[メール] Gmail,Yahoo,AolなどのIMAPメールアカウントで同期されないことがある [既知の問題]

・[アプリ] Originオーバーレイを使用するゲームで動きがおかしくなる [既知の問題]

・[Windows Defender] 「保護されたフォルダー」,「猛威の履歴」,「除外」の構成や一覧を表示する際にUIがクラッシュすることがある [既知の問題]
この問題は次のBuildで修正される予定で、リアルタイム保護機能には影響しない。

Build 16237


7月8日にWindows UpdateにてBuild 16237がリリースされた。
win10Build16237_01.png win10Build16237_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16237.rs_prerelease.170701-0549]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回のBuildでは、今までに追加された機能の改善が盛り込まれている。
また、7月14日~23日(PST)には、Bug Bashが開催される。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16237 for PC - Windows Experience Blog

変更点


・[システム] アプリケーションへDPIの情報を提供する方法を変更
これは、高DPIディスプレイを使用している環境で、ドッキング/解除、リモート終了後などでスケーリング値が変更された場合に、
デスクトップアプリの表示がぼやけてしまう問題を改善するために導入された。
これまでは、アプリの表示がぼやけてしまった場合は、一旦ログアウトしなければ改善されなかったが、
今回の変更で、表示がぼやけた場合は、アプリの再起動のみで改善されるようになった。

注意点として、すべてのデスクトップアプリで機能するわけではないのと、プライマリディスプレイの表示倍率を変更した後にぼやけてしまうアプリで機能する。
また、ディスプレイモードを「拡張」にした際に、セカンダリディスプレイでアプリがぼやけている場合は改善されない。

・[システム] 「Win32 MessageBox」が混在したDPI環境に対応
この機能は、「メモ帳」でテキスト内には無い単語を検索した際に表示されるダイアログなどで試すことができる。

・[タッチキーボード] 機能の改善

・キーを押した際に音が出るように
・学習機能が改善し、入力や修正などを行うことでテキスト予測機能が向上するように
・日本語環境で「10キーかな」の片手キーボードの信頼性が向上
・「片手キーボード」から画面左右のドッキングモードが削除

・[アクションセンター] 機能の改善

・「アクションセンター」に表示される各通知グループの最初の通知を自動的に拡張することで、通知の処理がしやすくなった
・「通知」メッセージが画面右端でなく、「通知」アイコンの上部に表示されるように(画面右端から少し隙間ができる)
・「通知」メッセージの閉じるボタンが矢印に変更
win10Build16237_03.png

・[My People] 機能の改善

・タスクバーにピン留めされている人物の通知バッジが、テーマの色と同じになるように
 (「設定 - 個人用設定」の「色」項目のアクセントカラーの設定で「スタート、タスクバー、アクションセンター」にチェックを入れている場合)
・タスクバーにピン留めされている人物から絵文字を受け取った時の名称を「Pop(ポップ)」に変更
 (「設定 - 個人用設定」の「タスクバー」の設定項目に反映)
win10Build16237_04.png

・[ゲーム] ゲームバーの「ゲームモード」アイコンが更新
win10Build16237_05.png

・[Edge] 機能の改善

・Edgeのテーマに合わせて「共有」ウィンドウの色が変わるように
・「共有」ウィンドウが画面中央ではなく、「共有」ボタンの下に表示されるように
・お気に入りを追加した際にアニメーションが表示されるように(アドレスバーに表示されている星が「ハブ」へ移動)
・ウェブサイトやPDFの読み上げ機能の強化

・[設定 - Cortana] 「アクセス許可と履歴」に「Cloud Search」項目が追加
win10Build16237_06.png
この機能をオフにすることで、Cortanaの検索結果に、クラウド上に保存されているコンテンツが表示されなくなる。

・[タスクマネージャー] 「GPU」表示機能の改善

・ハードウェアGPUのみがリストに表示されるように
 (ソフトウェアのみの「基本ディスプレイアダプタ」は表示されない)
・DirectXのバージョン、GPUの物理的な場所が表示されるように

・[Hyper-V] 「仮想マシンギャラリー」の追加
「クイック作成」の下に、新たに「仮想マシンギャラリー」が表示されるようになった。
「Local installation source」をクリックすることで、コンピューターにあるVMイメージを選択することができる。
なお、VM名とネットワークのオプションについては、「More options」内へ移動した。

改善点


・[デバイス] Surface LaptopでPro(Insider Preview)を使用している環境で、アップグレード後にWin32アプリ(Power Shellやコマンドプロントなど)がDevice Guardによってブロックされる問題

・[タッチキーボード] 「片手キーボード」でシェイプライティング(なぞって入力?)した際に、タッチキーボードが誤ったウィンドウサイズの情報を渡してしまう問題

・[タッチキーボード] タッチキーボードと手書きパネルが突然表示されてしまうことがある問題

・[タッチキーボード] 予測候補が小さなフォントで表示されてしまうことがある問題

・[タッチキーボード] 小画面のPCで「片手キーボード」しか使用できない問題

・[タッチキーボード] 「手書きパネル」で入力中にパネルのテキストがずれた場合、パネル全体で意図しないインクストロークが発生する可能性がある問題

・[タッチキーボード] 「手書きパネル」を使用中に画面上のほかの場所に切り替えた際に、単語が2回挿入されてしまう問題

・[スタート] スタートメニューに表示されるinboxアプリの名前に「ms-resource:」が表示される問題
なお、別のユーザー(Microsoftアカウント関連付とパスワードは未設定)では、一部のアプリで表示されたままなのと、なぜか一部のアプリが消えてしまっている。

・[スタート] 機能しない「Connect」アプリが表示される問題

・[スタート] コンテキストメニューが出なくなることがある問題
前回のBuild(16232)から発生していた。
この問題が発生した場合、システムが不安定になり、様々な機能が動作しなくなってしまう。
解決法としては再起動するしかないが、再起動後に再度発生してしまうこともある。

16232へアップグレード直後に、とあるアプリをスタートアップに追加した後に再起動したところ、スタートアップがなかなか起動せず、システムが不安定になったことから発覚した。
その際に、別の案件でスタートメニューに登録したコマンドプロントを管理者権限で使用しようとしたところ、コンテキストメニューが出てこなかったため、
一旦再起動して正常にスタートアップが起動したことを確認し、スタートのコンテキストメニューも確認したところ、こちらも正常に出て操作できた。
なお、この現象は、スタートアップを解除しても改善されなかった(スタートでコンテキストメニューが出ない場合に不安定)。

・[アクションセンター] 特定のアプリから20件の通知を受け取った場合、さらに通知を受け取ると「ShellExperienceHost」がクラッシュし続ける問題

・[アクションセンター] アクションセンターを開いても、アクションセンターのアイコンのバッジがクリアされない問題

・[Windows Ink] 「画面スケッチ」からコピーした画像を張り付けると、黒い画像が張り付けられてしまう問題

・[アプリ] 一部アプリの動作がおかしくなる問題
「Spyware Blaster」の起動時のチェックに時間がかかる問題や、
「CCleaner」でEdgeを終了しているにもかかわらず、「Edgeを終了しますか?」というメッセージが表示される問題が修正されているのを確認した。

・[アプリ] 「フォト」,「Groove Music」などのアプリでライブタイルが機能しない問題

・[アプリ] Win32アプリで特殊文字を入力する際に「Alt + 数字」が機能しない問題

・[アプリ] 特定の検索ボックスで、入力した後に出るドロップダウンメニューで「アップ/ダウン」キーが機能しない問題

・[ゲーム] Xbox Liveのgame experiencesが正しく機能しない問題

・[Edge] Edgeがフォアグラウンドで表示されている場合、Cortanaの検索で最初に入力された文字がドロップされてしまう問題

・[Edge] Edgeがクラッシュした際に、自動的にタブが復元されなかった問題

・[Edge] 新しいタブでリンクを開いた場合、ウィンドウで開いてしまうことがある問題

・[Edge] 「印刷」のダイアログボックスに空白のプレビューページが表示され、空白のページが印刷されてしまう問題

・[Edge] ペンタブのボタンをタップした際にEdgeのコンテキストメニューが表示されない問題

・[Windows Defender] 「通知」に表示されるスキャンの回数などが正しく表示されない問題

・[コントロールパネル,設定] 「ネットワークと共有センター」でネットワークを「プライベート」に設定した場合、「設定 - ネットワークとインターネット」で「パブリック」と表示される問題

・[設定 - システム] 「通知とアクション」項目で名前のないアプリが一番上に多数表示されることがある問題

・[設定 - 個人用設定] 「ロック画面」項目の「背景」で「Windows スポットライト」から別の項目へ切り替えて戻すと、「プレビュー」の表示がおかしくなる問題

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「回復」でPCのリセット(すべて削除)を行うと再起動でループしてしまう問題

・[タスクマネージャー] 起動時にハングアップすることがある問題
起動に時間がかかるのは相変わらず。

問題点


・[サインイン] 「PINを忘れた場合」が正常に機能しない
複数ユーザー(パスワードなし)がある場合、「PINを忘れた場合」をクリックしてしばらくしてから別のユーザーへサインインされてしまう。
また、これの影響かは不明だが、アップグレード後に試しに「PINを忘れた場合」をクリックしたところ、上記の状態になり、
シャットダウン(再起動)時やサインイン時に「お待ちください・・・」とのみ表示されるようになった。

・[アクションセンター] 「通知」メッセージをクリックしても機能しないことがある

・[アプリ] Edgeやほかのネットワークを使用するアプリで、ファイアウォールを使用する場合に、再起動するまで応答しなくなってしまうことがある [既知の問題]

・[Edge] リンクを右クリックし、「リンクのコピー」をクリックしても機能しない問題 [既知の問題]

・[Windows Defender] ファイアウォール関連のエラーが出る [既知の問題]
既知の問題に掲載されたので再掲します。
ただ、サードパーティ製のファイアウォールをインストールしている場合に発生するとのことなので、
同じ現象にあてはまるかは不明です(標準のファイアウォールで発生しているため)。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「回復」でPCのリセット(個人用ファイルを保持)を行うと、1%で失敗する [既知の問題]
失敗した場合でも、システムに影響はない。
なお、「すべて削除」については、「改善点」にもある通り正常に機能する。

Build 16232


6月29日にWindows UpdateにてBuild 16232がリリースされた。
また、7月13日からは公式サイトにてISO形式ファイルが配布されている。
win10Build16232_01.png win10Build16232_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16232.rs_prerelease.170624-1334]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。
アップグレード後は、なぜかゴミ箱にEdgeのお気に入りのバックアップフォルダーが入っていた。

今回も機能追加や不具合修正が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16232 for PC + Build 15228 for Mobile - Windows Experience Blog

変更点


・[Windows Defender] 機能追加

・ランサムウェア対策機能の追加
「ウイルスと脅威の防止の設定」に「コントロールされたフォルダーアクセス」というシステムやファイルをランサムウェアから保護する機能が追加された。
win10Build16232_03.png

「保護されているフォルダー」は、「ドキュメント」、「ピクチャー」、「ビデオ」、「デスクトップ」などの保存先を規定値から変えた場合や、
それらのフォルダー以外に重要なファイルを保存する場合に使用する。
win10Build16232_04.png
ネットワーク共有されているフォルダーやマップされたドライブを追加することもできるが、現時点では、環境変数やワイルドカードの入力はサポートされていない。

「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」は、機能によってブロックされたアプリを許可する際に使用する。
win10Build16232_05.png

なお、「保護されているフォルダー」に追加したフォルダーを削除した場合、自動的にリストから削除されなかった。

・「悪用保護(exploit保護)」機能の追加
「アプリとブラウザー コントロール」に新たに「悪用保護」が追加された。
win10Build16232_06.png

「システム設定」や「プログラム設定」では、多数の詳細な設定が行える。
win10Build16232_07.png win10Build16232_08.png

「プログラム設定」の「プログラムを追加してカスタマイズ」では、リストに表示されているもの以外のアプリが追加できる。
win10Build16232_09.png win10Build16232_10.png

すでに登録されているアプリを選択して「編集」をクリックすると、多数の設定が行える(画像が極端に縦長のため注意)。
win10Build16232_11.png

なお、この機能は、現時点では完全に機能していない可能性があるとのこと。
また、「エクスポート設定」より設定をエクスポートしようとするとエラーが出てしまった。
win10Build16232_12.png

・「Application Gurd」機能の使用中に、Edgeでデータが保持されるように (Enterpriseのみ)
グループポリシーで機能を有効化する必要があるが、有効化することで、「Application Gurd」セッション全体でデータが永続的に保持されるようになる。
永続的に保持されたデータは、ホスト上で共有や表示されることはない。
win10Build16232_13.png win10Build16232_14.png

・「推奨事項(黄色の警告)」を非表示にするオプションの追加
Feedbackによって追加された機能だが、現時点では機能しない。

・[設定 - アプリ] 「ビデオの再生」が移動
「個人用設定」カテゴリから「アプリ」に移動した。
また、「バッテリーのオプション」項目のプルダウンメニューが正しく表示されない問題などが修正されている。
win10Build16232_15.png

改善点


・[アップグレード] .NET Framework(3.5)がインストールされている環境で最新のBuildへのアップグレードに失敗する問題

・[システム] 特定の言語をインストールしている環境で、「ctfmon.exe」がクラッシュループしてしまい、UWPアプリやスタートへの入力ができなくなる問題

・[システム,エクスプローラー] 最下層の項目を選択すると「+」や「>」が表示される問題

・[スタート] スタートメニューが連続的に点滅したりちらつくことがある問題

・[タスクバー] サウンドのコンテキストメニューの一部が空欄になっていた問題
win10Build16232_19.png

・[エクスプローラー] ウィンドウのDPIがシステムのDPIと等しくない場合、リボンがぼやけて表示される問題

・[Edge] 一部のデバイスでURLバーのオートコンプリートの表示に失敗する問題

・[アプリ] 「Word 2016」でInk(インク)機能を使用するとクラッシュする問題

・[アプリ] 「XAML Acrylic Brush」で、アプリが中断されている間にアクリルブラシを読み込もうとしたためにMapなどのアプリが一時的にクラッシュする問題

・[ゲーム] 「Mass Effect 3」などのゲームで、ゲームを5分ほどプレイし、「Alt+Tab」キーを押すとゲームがクラッシュする問題

・[設定] 「Win+Ctrl+C」キーを押してカラーフィルターを有効/無効にすると、「設定」が表示されてしまうことがある問題

問題点


・[アップグレード] 「0x80070643」エラーが発生して当Buildへアップグレードできない [既知の問題]

・[デバイス] 特定のノートPCで、電源が入っていない状態でバッテリーの状態が更新されない [既知の問題,再掲]
問題が発生した場合は、フィードバックHubでキャプチャー機能を使用してログを取得した上で送信してほしいとのこと。

・[Windows Defender] ファイアウォール関連のエラーが出る
前回のBuild(16226)から発生しているが、「予期されていません」と表示されてしまう。
win10Build16232_16.png win10Build16232_17.png

・[ゲーム] Xbox Liveのgame experiencesが正しく機能しない [既知の問題]
「ゲーマープロフィール」、「成果の詳細」、「Xbox Live対応のゲーム上に表示されるダイアログ」が含まれる(表示されない?)。

・[スタート,アプリ] inboxアプリの名前に「ms-resource:」が表示される [既知の問題,再掲]
現象が確認できたので画像と合わせて再掲します。なお、アプリの起動については問題ありませんでした。
win10Build16232_18.png

・[Windows Defender] 通知に表示されるスキャンの回数が正しく表示されない
win10Build16232_20.png

・[タスクマネージャー] 起動時にハングアップすることがある [既知の問題]
ちなみに、前回のBuild(16226)からは、起動に時間がかかるようになってしまった。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「回復」でPCのリセットを行うと再起動でループしてしまう [既知の問題]
「このPCを初期状態に戻す」で「すべて削除(個人用ファイルを保持も?)」をしてしまうと、再起動でループしてしまうので注意。

Build 16226


6月22日にWindows UpdateにてBuild 16226がリリースされた。
win10Build16226_01.png win10Build16226_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16226.rs_prerelease.170616-2021]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回のBuildも若干間が開いたが、機能の追加も多数行われている。
なお、当Buildへの更新がうまくいかなかったが、後に様々な要因が重なったことによるものだと判明した(改善点、問題点を参照)。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16226 for PC - Windows Experience Blog

変更点


・[タスクバー] サウンドアイコンのコンテキストメニューに「Windows Sonic」関連の項目が追加
win10Build16226_03.png

・[エクスプローラー] コンテキストメニューの「共有」が変更
新たに「共有」という項目が追加され、クリックすると連絡先(My People)に登録されている人物とファイルを共有したり、
アプリを使用してファイルを共有することができるようになった。
win10Build16226_06.png win10Build16226_05.png
その代わり、以前あった「共有(H)」は、「アクセスを許可する(G)」という名称に変わっている。

・[タッチキーボード] 機能の改善

・タッチキーボードを自由に動かしやすくなった(ドラッグアイコンの廃止)

・「設定メニュー」に項目が追加
win10Build16226_07.png

・日本語環境の「片手キーボード」でフリック入力ができるように
win10Build16226_08.png

その他の改善点として
・画面下部に表示されるキーボードのサイズを大きめに調整
・Emoji Panel(英語環境のみ)を使用した後にタッチキーボードが起動しない問題を修正
・タッチキーボードから「絵文字」を入力しても、「絵文字」の項目が閉じないように
・タッチキーボードの「絵文字」の項目を水平にスクロールできるように調整
・「片手キーボード」を使用している場合、「絵文字」の項目に余白(内側)を追加
・「片手キーボード」に言語キーを追加

・[ペン] 機能の改善
・ペンの後ろで手書きパネルの単語を消去できるように
・手書きパネルで処理されたテキストが「Segoe UI」フォントで描画されるように
・手書きパネルに表示されたテキストを選択すると、フォントが予期しないサイズで表示されることがある問題を修正
・ペンスクロールがWin32アプリケーションで機能するように

・[ナレーター] AIを使用した画像の説明機能を追加
使用するには、ナレーターをオンにして画像を選択し、「Capslock+Shift+D」キーを押す。
なお、インターネットに接続しないと機能を使用することが出来ないので注意。

・[My People] 機能の改善

・タスクバーのコンテキストメニューから「My People」を非表示出来るように
win10Build16226_04.png

・「My People」にカーソルを当てた際に「人」と表示されていた部分が「People」と表示されるように

・「コンタクトを見つけてピンを留める」をタップ(クリック)すると、Peopleフライアウトがクラッシュする問題を修正

・[Edge] 機能の強化

・「お気に入りに追加」のフォルダーの選択画面が改善
win10Build16226_10.png

・「お気に入りバー」に表示されているお気に入りのURLが変更しやすくなった
win10Build16226_11.png

・EPUBファイルのテキストを選択した時に表示されるメニューに「コピー」と「Cortanaに尋ねる」アイコンが追加
win10Build16226_12.png

・EPUBファイルの「メモ」機能でインクで文字を記入したり、「メモ」アイコンにカーソルを当てると、メモの内容が表示されるように

・ストアで購入した本(EPUB)の閲覧状況、ブックマーク、メモを同期してほかのデバイスでも使用できるように

・他のブラウザから移行しやすくなった

・[電卓] 「コンバータ」に通貨を追加
「ドル」→「円」など、様々な国の通貨を換算することができるようになった。
win10Build16226_13.jpg
レートは「料金の更新」から最新のものに更新することができる。

・[OneDrive] ファイルオンデマンド機能の改善
画像編集アプリなどがOneDrive Files On-Demand(または別のクラウドプロバイダー)を使用して、クラウド上に保存されているファイルをダウンロードする際に、
ダウンロードするファイル、どのアプリがリクエストしているのかが表示され、メッセージを閉じるか、ダウンロードをキャンセルするか、ブロックするか選択できるようになった。

そのため、「設定」,「プライバシー」に「アプリで要求されたダウンロード」というブロックしたアプリを解除する設定の項目が追加されている。
win10Build16226_14.png

・[タスクマネージャー] 機能の改善
・GPUの状況が表示されるように
win10Build16226_15.png
以前よりFeedBack Hubに投稿されていた要望がようやく実現された。
メモリの総量、使用率、ドライバのバージョン(ある場合)が表示される。

・「プロセス」タブにてアプリがグループごとに表示されるように
win10Build16226_16.png

・[設定 - システム] 「ストレージ センサー」項目の改善
新たに「Windowsの以前のバージョンを削除」が追加されたほか、設定ページのデザインが改良されている。
win10Build16226_17.png

・[設定 - ゲーム] 「Xbox Networking」項目の追加
この項目では、ボイスチャットや他のXbox Liveユーザーとのマルチプレイで問題が発生する場合に、
問題を特定して解決するのに役立つ情報(ネットワークの状況など)が表示される。
win10Build16226_18.png

・[設定 - 更新とセキュリティ] Windows Updateで更新に失敗した際に表示されるエラーメッセージとコードがコピーできるように

・[IME] 機能の改善
・予測入力の学習機能を強化(確定の履歴やバックスペースキーの使用を分析)

・日本語入力で英語の単語を入力した場合に、単語が予測候補に表示されるように
win10Build16226_19.png

・予測候補リストから単語の意味を検索できるように
候補リストから単語を選択し、アイコンまたは「Crtl+B」キーを押すと、自動でEdgeが開いて単語を検索することができる。
win10Build16226_20.png

・[Hyper-V] 圧縮機能の追加
ツールバーに圧縮フォルダーのアイコンが追加された。
仮想マシン(VM)を実行中にアイコンをクリックすると、仮想マシンを圧縮した「.vmcz」ファイルが作成され、
他のPCでファイルをダブルクリックすると、仮想マシンがインポートされる。

・[セキュリティ] SMB1ネットワークプロトコルがデフォルトで削除
今回のBuild以降をクリーンインストールした場合は削除される(機能が無い)が、
過去のバージョンからアップグレードした場合は影響しない。

なお、Home,Proエディションでは、デフォルトでSMB1サーバーコンポーネントがアンインストールされているが、
SMB1クライアントがインストールされたままになる。
この場合、SMB1を使用してWindows10から他のデバイスへ接続できるが、逆は不可能。
後の機能アップデートで、SMB1を使用していないことが検出された場合は、自動でクライアントをアンインストールすることがある。

また、SMB1の削除は、従来の「Computer Browser」サービスの削除を意味する。
これは、「Computer Browser」サービスはSMB1に依存し、SMB1なしでは機能しないため。

詳しくは
Stop using SMB1 - Storage at Microsoft (SMB1を削除する理由)
SMB1 Product Clearinghouse - Storage at Microsoft (SMB1を使用するソフト一覧)

改善点


・[アップグレード] アップグレード中にアクセスできない起動デバイスが原因でバグチェックが発生し、ロールバック後にWindows Updateで「0x80070643」エラーが発生する問題

・[アップグレード] アップグレード後にinboxアプリ(UWP)が消えてしまう問題

・[デバイス] 各プリンターのコピーが複数作成される問題

・[デバイス] DisplayLinkドッグに接続されている外部モニターが動作せず、静的ログオン画面が表示される問題

・[ハードウェアキーボード] Win32アプリケーションで、アクセント付きの文字が正しく入力できない問題

・[タッチキーボード] タッチキーボードを使用後にスタートに「Microsoft text Input Application」が表示される問題

・[タッチキーボード] 「ー」が自動的に変換されてしまう問題

・[インク] インクストロークが正常に検出できない問題

・[スタート] 一部の環境でスタートメニューが機能しない問題

・[スタート] 「電源」のリストに表示される「再起動」と「更新して再起動」の機能が同じものになってしまう問題
Build 16215から更新できなかったのはこれが原因?
ただ、「Windows Update」に表示されたボタンでも正常に更新できなかったので関係ないかもしれない。

・[スタート,アクションセンター] Fluent Designの改善

・[アクションセンター] 透明効果がオフの状態になった場合、通知の一覧が消えてしまう問題
また、アクションセンターの背景が100%透明になってしまう問題も解消されている。

・[タスクバー] ネットワークアイコンのコンテキストメニュー(ネットワークと共有センターを開く)が機能しない問題
新たに「設定」の「ネットワークとインターネット」が開くようになったが、
たまに無線接続ができなくなった時に「ネットワークと共有センター」からアダプターを無効にしないといけないので、
「ネットワークと共有センター」を開くまで少々面倒になってしまった(「設定」自体の起動が遅いため)。
win10Build16226_09.png

・[Cortana] 検索ボックスを選択して絵文字パネル(英語環境のみ)を表示した場合、検索ボックスが誤った場所に表示される問題

・[UWP] アプリの上端が予期しない色になることがある問題

・[Edge] Edgeが異常終了し、再度開いた後に複数の「Start Fresh」ページが各ウィンドウに表示される問題

・[Edge] Enterpriseエディションにて一部のPCでPDFが開けない問題

・[Edge] 一部のPDFを表示すると、クロップ(拡大表示)された状態で開いてしまう問題

・[複合現実ポータル] Mixed Realityが機能するように
その他、不具合修正などの改善が行われている。

・[Snipping Tool] 混在したDPI環境に対応

・[Feedback Hub] コンピューターのロックが解除された後に、ミニアンケート(SIUF)が機能しない問題

・[設定] 「更新とセキュリティ」を開こうとするとハングアップすることがある問題

・[設定 - 拡大鏡] 「ビットマップスムージング」が機能するように
パソコンの性能が低い場合、有効にすることで動作が重くなってしまうので注意。
また、「ビットマップスムージング」を無効にした場合、なぜか以前よりもぼやけてしまう(不具合?)。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「Windows Update」にて「OS build info(バージョン情報)」リンクが機能しない問題

・[コントロールパネル] ダイアログの一部が白でなく灰色に表示されてしまうことがある問題

・[Hyper-V] 一部の環境でVMに接続できない問題

・[文字] 赤いハートの絵文字が上付き文字で表示される問題

問題点


・[アップグレード] 当Buildへアップグレードする際に、再起動してもアップグレードが開始されない [既知の問題]
まさにこの問題に遭遇してしまい、しばらく悩んだ。トラブルシューティングを行うと問題が緩和(改善?)されるとのこと。
ただ、トラブルシューティングを実行しても緩和どころかおかしくなってしまい、Build 16193をクリーンインストールすることで解決した(詳しくは「Build 16215から更新できない」)。

なお、この問題は、6月23日付で公式Blogに既知の問題として掲載されました。

・[アップグレード] .NET Framework(3.5)がインストールされている環境で当Buildへのアップグレードに失敗する [既知の問題]
アップグレード前に.NET Framework(3.5)をアンインストールすることで問題を回避することができる。
もしかすると、「Build 16215から更新できない」問題はこのことと関係があるのかもしれない。

・[アップグレード] Build 16215から更新できない
Windows Updateより、Build 16226をダウンロードして放置したところ、いつものように「再起動」というボタンが表示されていた。
早速ボタンを押したが、再起動に時間がかかるだけで更新は行われず。スタートメニューから「更新して再起動」や「再起動」を押しても同じ状況。

それならばと、もう一度ダウンロードをやり直そうとキャッシュの削除やWindows Updateの修復を行ったところ、ダウンロード作業の途中で
「一部の更新プログラムが取り消されました。新しい更新プログラムが利用可能になった場合に備えて、引き続き処理を試みます。」
という表示が出てしまい、再びキャッシュの削除などを行っても同じようなところでループしてしまい解決せず。

結局、Build 16193(ISO)をクリーンインストールしたところ、問題なく当Buildへアップグレードすることができた。
おそらく、度重なるアップグレード(Build 16193~)でシステムがおかしくなったのだと思われる。
また、「改善点」や「問題点」の内容の一部にあるものが該当しているので、そのことも関係があるのかもしれない。
ただ、動きが遅かったり、アプリの挙動がちょっと変なのは相変わらず。

・[デバイス] 電源が入っていない状態で、特定のノートPCのバッテリーの状態が更新されない [既知の問題]

・[アクションセンター] 一部環境で通知が透過してしまい見づらくなってしまう [既知の問題]

・[タスクバー] Webサイトをタスクバーにピン留めした場合、タスクバーからそのWebサイトが開けないことがある [既知の問題]
問題が発生した場合は、再度ピン留めし直す必要がある。

・[スタート,アプリ] inboxアプリの名前に「ms-resource:」が表示される [既知の問題]
そのような文字列が表示されている場合でも、起動することは可能(場合によっては起動しない?)。

・[アプリ] 「Word 2016」でInk(インク)機能を使用するとクラッシュする [既知の問題]

・[Edge] 一部のデバイスでURLバーのオートコンプリートの表示に失敗する [既知の問題]

・[Edge] 「お気に入り」に何も登録していない場合に「お気に入り」メニューを開くと、ボタンに文字が被る
win10Build16226_21.png

Build 16215


6月9日にWindows UpdateにてBuild 16215がリリースされた。
win10Build16215_01.png win10Build16215_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16215.rs_prerelease.170603-1840]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

約一か月ぶりのBuildだが、大幅な機能追加が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16215 for PC + Build 15222 for Mobile - Windows Experience Blog
スマホ向けタッチキーボードが使えるWindows 10プレビュー版「Build 16215」 ~日本語環境向けにUDデジタル教科書体フォントを搭載 - PC Watch

変更点



・[スタート,アクションセンター] Fluentデザインの導入
すでに一部のアプリで導入されているが、スタートやアクションセンター(+通知)にも"すりガラス"のような背景(Fluentデザイン)が導入された。
win10Build16215_03.png win10Build16215_04.png
win10Build16215_05.png
新しいデザインを試すには、「設定」,「個人用設定」,「色」で「透明効果」をオンにする必要がある。

改善点もあり、スタートメニューに関しては、メニューのサイズ変更が以前よりも自由にできるようになった。
アクションセンターに関しては、「通知」や通知の一覧が以前よりも見やすいデザインになった。
また、タブレットモードへの移行がスムーズに行われるようになった。

・[スタート] 「回復ドライブ」が「Windows 管理ツール」に追加
新たに「回復ドライブ」が「Windows 管理ツール」に追加された。
win10Build16215_06.png
これまで「回復ドライブ」は、コントロールパネルからのみアクセスできるツールだった。
そのため、「最近追加されたもの」に「回復ドライブ」が表示されることがある。

・[タスクバー] Wi-Fiのリストにコンテキストメニューが追加
通知領域のワイヤレスアイコンをクリックし、出てきたリストを右クリックすると、コンテキストメニューが出るようになった。
win10Build16215_07.png

・[タッチキーボード] 機能の追加・改善

・左上のメニューでモードが切り替えやすくなった
win10Build16215_08.png

・「拡張テキスト予測」機能の追加(英語キーボードのみ)

・絵文字のページをカテゴリごとに表示できるように
win10Build16215_09.png

・新しいレイアウトのワンタッチキーボードが追加
win10Build16215_10.png win10Build16215_11.png
また、キーをスワイプして入力する機能が追加された(英語キーボード、ペン入力のみ)。

・マイク入力に対応
タッチキーボードのマイクボタンや「Win+H」キーを押すことで使用できる。
win10Build16215_12.png
現在は英語と中国語のみ対応。

・[ペン] 機能の追加・改善 (一部機能は環境がないため未確認)

・手書き入力パネルの機能改善
入力中の文字を塗りつぶすことで文字が消せるように
入力中の文字を選択して変更できるように
変換されたテキストを上書きして修正できるように
「インクジェスチャー」による修正が行えるように
「絵文字」と「記号」に簡単にアクセスできるように
win10Build16215_13.png

パネルの表示の切り替え(入力している場所の横か画面下部)が行えるように
win10Build16215_14.png

・ペンで選択する機能の改善
現時点では、Edgeで機能しないため、ペンを使用したEPUBやPDF形式のファイルで追加された新機能(後述)を試すことはできない。

・ペンで画面をスクロールする機能の追加
現時点では、UWPアプリケーションでのみサポートされている機能だが、エクスプローラーでも使用できるとのこと。

・指による入力ミスを防ぐ機能の追加
「設定」,「デバイス」,「ペンとWindows Ink」に「手書きパネルで指先を使って書く」が追加された。
win10Build16215_15.png
これにより、ペンによる入力中に誤って指で触れた場合に入力ミスが発生するのを防ぐことができる。

・ペンを探す機能の追加
最後にペンを使用した時の位置を知らせる機能が追加された。
「設定」,「更新とセキュリティ」,「デバイスの検索」で確認することができる。

・[ゲームバー] 機能の追加・改善
・ゲームバーに「ゲームモード」を有効/無効にするボタンの追加(ボタンのデザインは今後の更新で変更)
win10Build16215_16.png

・HDRで実行中のゲームのスクリーンショットが撮影できるように
また、SDRでトーンマッピングされたPNG形式で正しく保存できるようになった(?)。
ゲームクリップやブロードキャストには対応していない(自動的に1080pに変換される)。

・Mixer(ブロードキャスト)
ブロードキャスト中のビットレートの変更がスムーズに行われるように
ブロードキャスト中に話している言語を指定できるように

・「ゲームモード」が6または8コアCPUを搭載したPCに対応し、ゲームモードで動作するゲームのパフォーマンスが向上

・[Edge] 機能の追加・変更

・フルスクリーン表示
Edgeでもようやくフルスクリーン表示が行えるようになった。
F11キーを押すか、設定メニューの「拡大」にある右端のボタンでフルスクリーン表示にすることができる。
win10Build16215_17.png
ウィンドウを元の状態に戻すには、F11を再度押すか、画面右上のボタンから戻すことができる。
win10Build16215_18.png

・Webページをタスクバーにピン留めできるように
タスクバーにピン留めしたいページを開き、設定メニューの「Pin this page to the taskbar(このページをタスクバーにピン留めする)」をクリックすることでピン留めされる。
win10Build16215_19.pngwin10Build16215_20.png

・タブのコンテキストメニューに「すべてのタブをお気に入りに追加する」が追加
クリックすることで、お気に入りに「(日付)のタブ」フォルダーとタブの項目が追加される。
win10Build16215_21.pngwin10Build16215_22.png

・起動時のスプラッシュ画像が変更
win10Build16215_23.png

・EPUB形式のファイルに注釈(強調表示,下線,コメント)を追加する機能の追加
テキストを選択し、少し待つ(画像左) または右クリック(画像右)でメニューが出てくる。
win10Build16215_24.png win10Build16215_25.png

・PDF形式のファイルにて「Cortanaに尋ねる」と「ハイライト」機能を追加
テキストを選択し、右クリックするとメニューが出てくる。
win10Build16215_26.png

他にも、新しいタブを追加したり閉じた際のアニメーションがスムーズに表示されるようになったり、
JavaScriptダイアログが表示されている場合でも、「閉じる」ボタンでEdgeを閉じることができるようになった。
また、セッションの復元の動作が改善されたりと、改善点も含まれている。

・[設定] 「Cortana」の位置が変更
win10Build16215_27.png

・[設定 - システム] 「Remote Desktop」項目の追加
win10Build16215_28.png

・[設定 - ネットワークとインターネット] ネットワークのページ内に「ネットワークプロファイル」が追加
接続中のネットワーク名(ルーター名またはSSID名)をクリックすると表示されるページに、「ネットワークプロファイル」項目が追加された。
win10Build16215_29.png

・[設定 - 個人用設定] 「ビデオの再生」の追加
win10Build16215_30.png

また、HDRをサポートするディスプレイが1つ以上接続されている場合は、「設定」,「システム,」「ディスプレイ」に追加の設定項目が表示される。
※画像ではエラーが表示されていますが、この問題は「既知の問題」(後述)にも掲載されています。

・[設定 - アプリ] 「既定のアプリ」ページに「アプリによって既定値を設定する」ページが追加
以前コントロールパネルで使用できた機能に代わるもの。
win10Build16215_31.pngwin10Build16215_32.png

・[設定 - アプリ] 「アプリと機能」でアプリを移動またはアンインストールする際に進行バーが表示されるように

・[設定 - 簡単操作] カラーフィルター機能の追加
「ハイコントラスト」の設定ページが更新され、新たにカラーフィルター機能が追加された。
win10Build16215_35.png

・[設定 - 簡単操作] 拡大鏡の拡大/縮小ボタンの変更
個人的には以前のスタイルのほうが良いと思う。
win10Build16215_33.png

また、設定ページも更新され、新たに「Enable bitmap smoothing」という設定項目が追加されたが、現時点では機能していない。
そのため、拡大した際にぼやける場合は、オフにすると改善される。
win10Build16215_34.png

・[設定 - 更新とセキュリティ] 更新プログラムの状態が個別に表示されるように
win10Build16215_40.png

・[フォント] 「UD デジタル教科書体」が追加
win10Build16215_36.png

・[レジストリエディタ] ディスプレイごとにDPIを記憶するように
混在したDPI環境で使用する場合や、DPIを変更する場合に表示がぼやけないようにするため。

・[WSL] 「開発者モード」を有効にしなくても使用できるように
引き続き、「Windowsの機能」から追加する必要がある。

・[Hyper-V] 仮想バッテリー機能の追加
仮想マシンにてバッテリーの状態が確認できるようになった。
機能を使用するには、「New-VM」コマンドレットを使用して新しい仮想マシンを作成し、
「-Prerelease」フラグを追加する必要がある(プレリリース機能の有効化)。

・[キーボードショートカット] 追加されたもの
テキスト入力(マイク)
Win+H
※現時点では英語と中国語のみ対応。

カラーフィルター
Win+Ctrl+C

改善点


・[アップグレード] 最新のBuildへ更新中に進行状況が12%のままで止まってしまう問題
最新のBuildへアップグレード後も発生する場合は、Feedback Hubにて詳細な情報を提供してほしいとのこと。

・[システム] 言語パックを追加できない問題

・[スタート] 特定のデバイスでアップグレード後に「Wireless Display Media Viewer」が表示される問題

・[エクスプローラー] 表示がおかしい問題 (一部)
フォルダー,ファイルのプロパティなどのウィンドウの背景がグレーに表示される問題のみ改善。

・[Cortana] 検索結果にUWPアプリ(inbox)のアイコンが過剰に表示される問題

・[My People] 機能改善
・「小さいタスクバーボタンを使う」がONの場合に、タスクバーにピン留めされている連絡先のアイコンが途切れて表示される問題
・ピン留めされている連絡先から絵文字を受け取った時のサウンドが変更
・システムトレイから項目を追加または削除した後に発生する問題を修正
・「設定」,「個人用設定」,「タスクバー」に設定項目が追加
win10Build16215_39.png

・[アプリ] ローカルメディアフォルダーの検出機能の改善

・[アプリ] (UWP)アプリケーションごとにインスタンス化されたランタイムブローカプロセスを使用するように

・[アプリ] 「Facebook」,「Instagram」,「Messenger」アプリにログインする際にパスワードが入力できない問題

・[ゲーム] Civilization VIなどの一部のゲームが動作しない問題

・[Outlook 2016] 迷惑メールフィルタがOutlookのデータファイルを読めないために起動時にハングアップする問題

・[設定] 謎の文字列(文字化け)が表示される問題
※Build 16199の時点で、いつの間にか改善されていました。

・[設定] ピン留めしたセカンダリタイルが「システム」,「通知とアクション」でグループとして表示される問題

・[設定 - システム] 夜間モードの機能改善
・ディスプレイのミラーリングを切り離した後に、夜間モードの機能がおかしくなる問題
・夜間モードを手動で有効にしてからデバイスをスリープ状態(S3)にすると、夜間モードが無効になる問題
・夜間モードを手動で有効または再起動後に、夜間モードへ迅速に移行するようにロジックを改善

・[IME] 機能改善
・「文脈予測候補」機能の改善
・検索ボックス(Bing検索,Edgeアドレスバーなど)で予測変換が非表示に
・Edgeの入力フィールドに切り替えたときに、IMEパッドと日本語IMEユーザー辞書ツールが起動しない問題

・[コマンドプロント] choice command(選択コマンド)をコマンドプロントスクリプトで実行しようとすると失敗する問題

・[WSL(Bash)] VIMが破損する問題

・[Windows Defender Application Guard] 隔離されたEdgeのセッションを開始する際に、一部環境で「0x8000ffff」エラーが表示される問題

問題点


・[アップグレード] アップグレード後に下位OSと上位OS(アップグレード前と後?)で同じバージョンのinboxアプリ(UWP)がスタートから消える [既知の問題]
この問題が発生した場合は、「設定」,「アプリ」,「アプリと機能」を開き、
影響を受けるアプリを選択して「詳細オプション」をクリックし、「リセット」をクリックする必要がある。

おそらくこの問題のことだと思われるが、別のアカウントでスタートメニューからアプリが消える問題が発生した。

・[デバイス] Surface Pro 1(2)などの特定のデバイスや、一部のUSBデバイス(ワイヤレス子機?)でWi-Fiがオフになる [既知の問題]
ドライバの問題によって動作しなくなるため、Wi-Fiを使用する場合は以前のBuildへロールバックする必要がある。

・[デバイス] 各プリンターのコピーが複数作成される [既知の問題]
highest number(大きい番号?)が割り当てられたプリンターのコピーのみが動作する。

・[システム] 動作が遅い
アプリケーションや機能(新しいタッチキーボードなど)の動作や起動が以前よりさらに遅くなってしまった。

・[システム] 「開発者モード」、「.NET 3.5」、「音声パック」が使用できない [既知の問題]
いずれもWindows Updateから提供されるものが使用できなくなっている。
.NET 3.5については、以前のBuildでも発生しており、これについてはインストールメディアから手動でインストールすることができる。

・[スタート] 機能しない項目(Microsoft Text Input Application)が追加される [既知の問題]
他にも、「Paint 3D(アイコン違い)」や「Connect」が追加されているが、同じく機能しない。
win10Build16215_37.png

・[タスクバー] ネットワークアイコンのコンテキストメニューから「ネットワークと共有センターを開く」が開けない
コントロールパネルから開くことは可能。
また、なぜかネットワークアイコンの部分だけコンテキストメニューのデザインが変わっている。
win10Build16215_38.png

・[アクションセンター] 透明効果がオフの状態になった場合、通知の一覧が消えてしまう [既知の問題]

・[タッチキーボード] 「ー」が自動的に変換されてしまう
これにより、例えば「コーヒー」と入力しようとすると、「コヒーー」となってしまう。
※検証時に確認した問題のため、以前のBuildから発生している可能性があります。

・[アプリ] Twitterなどの一部のUWPが起動中にクラッシュする [既知の問題]

・[Edge] Enterpriseエディションにて一部のPCでPDFが開けない [既知の問題]
サードパーティのPDFリーダーについては問題なく使用できる。

・[Edge] 一部のPDFを表示すると、クロップ(拡大表示)された状態で開いてしまう [既知の問題]
このため、PDFコンテンツの一部にアクセスできないことがある。
問題が解消されるまでは、サードパーティのPDFリーダーを使用する必要がある。

・[Edge] 高DPIディスプレイを使用している一部のデバイスで、Webページが誤ったスケールファクタ(ズームイン)で表示されてしまう [既知の問題]
回避策として、問題が発生した場合は、別のタブに切り替えることで解消される。

・[Edge] 「表示中のタブを保存して閉じる」ボタンが押せないことがある

・[Feedback Hub] ミニアンケート(SIUF)が機能しない [既知の問題]

・[Mixed Reality] Mixed Reality(複合現実ポータル)がダウンロードできない [既知の問題]
Mixed Realityを使う必要がある場合は、Build 16193またはCreators Update(Build 14939)をインストール後にヘッドセットを接続し、
Mixed Realityをセットアップしてから最新のBuildへアップグレードする必要がある。

・[設定 - 個人用設定] ビデオ設定ページにてエラーメッセージが表示される [既知の問題]

Build 16199


5月18日にWindows UpdateにてBuild 16199がリリースされた。
win10Build16199_01.png win10Build16199_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16199.rs_prerelease.170513-2252]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回も機能の追加や不具合修正が行われている。
5月15(16?)日よりBugBashが開催中で、5月21(22?)日まで行われる。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16199 for PC + Build 15215 for Mobile - Windows Experience Blog
Windowsにタスクバーからコミュニケーションを図る「My People」が復活 ~プレビュー版Windows 10「Build 16199」公開 - PC Watch

変更点


・[スタート] コンテキストメニューの改善
「共有」、「アンインストール」、「レート」などの項目にアイコンが追加された。
win10Build16199_03.png win10Build16199_04.png

・[アクションセンター] クイックアクションから「ノート」が削除
使用頻度が低いため。

・[My People] 機能追加
・連絡先に登録されている人物から受け取った絵文字をタスクバーに表示したり、アニメーション化することができるように
・バックグラウンドでメッセージを受け取った際に、ピン留めしている人物のアイコンに件数が表示される通知バッジ機能の追加(Skype 11.16.556.0以上のバージョンが必要)
・タスクバーにピン留めした連絡先(人物)にファイルをドラッグ&ドロップすることで、電子メール機能を使用してファイルを送信することができる機能

・[コンテキストメニュー] 「Bluetooth デバイス」のアイコンが変更
win10Build16199_05.png

・[設定] ヒントがビデオで表示されるように
「設定」,「簡単操作」,「ハイコントラスト」に試験的に導入された。
小画面の場合は下部に、大画面の場合は右端に表示される。
win10Build16199_06.png win10Build16199_07.png
映像の見出し以外の説明画像や音声は英語だった。製品版までには日本語にも対応してほしいところ。

なお、ビデオの下部に謎の文字列が表示されている(問題点にも記載)が、機能追加によって発生した不具合(文字化け)だと思われる。

・[設定 - システム] 「ストレージセンサー」にダウンロードしたファイルをクリーンアップする機能の追加
「ダウンロード」フォルダーに30日間以上変更されていないファイルがある場合、自動的に削除できるようになった。
win10Build16199_08.png

・[設定 - システム] 「バージョン情報」項目にWindows Defenderで表示される「システムの状況」が表示されるように
win10Build16199_09.png
他にも、デバイスIDなど表示される項目が追加されている。

・[設定 - ゲーム,ゲームバー] 機能改善

・[設定,ブロードキャスト] ゲームのオーディオのみを選択してブロードキャストすることができる機能(Per-app audio{アプリごとのオーディオ設定})の追加

・[設定,Game Monitor] 項目の追加(一時的?)
win10Build16199_10.png

・[ゲームバー] 音声の設定ページが「ゲームDVR(ゲーム録画)」へ移動
アプリごとのオーディオ設定も「ゲーム録画」で設定できる。
win10Build16199_11.png
※スペックが低いため、設定項目がグレーアウトしています。

・[ナレーター] ナレーターの実行中に「Caps Lock,E,E」を押すことでFeedback Hubが起動できるように

・[着信通知] Androidの着信通知が表示できるように
機能を使用するには、Android搭載のスマートフォンにCortanaアプリをインストールし、「Settings(設定)」,「Sync notifications(通知の同期)」で
クロスデバイス機能をオンにする必要がある。

改善点


・[アップグレード] アップグレード後も、ローテーションロック(タブレット等の画面回転の状態?)の設定が保持されるように

・[アプリ] Buildのアップグレード前に特定のサードパーティのウイルス対策ソフトが有効だった場合、多くのWin32アプリが起動しない問題

・[ゲーム] 特定のフルスクリーンゲームを起動した後にカラープロファイルが無視される問題

・[Windows Defender] タッチパネル環境でWindows Defender Application Guardが動作しない問題

・[Windows Defender] 「デバイスのパフォーマンスと正常性」の機能改善
・無効になっているドライバを問題として表示しないように
・AC電源に接続中に、画面の明るさを最大にしても警告しないように

問題点


・[システム] 言語パックを追加できない [既知の問題]
なお、前回までのBuildで言語パックを追加している場合は、自動的に引き継がれる。

・[ゲーム] Civilization VIなどの一部のゲームが動作しない [既知の問題]

・[Windows Mixed Reality(複合現実ポータル)] 動作しない [既知の問題]

・[Feedback Hub] 動作しない(サインインできない)
Feedback Hubを一度アンインストールし、ストアからインストールし直すことで改善された。

・[設定] 謎の文字列が表示される
一部の項目に謎の文字列(文字化け)が表示されてしまう(新機能の追加のための弊害?)

・[コマンドプロント] choice command(選択コマンド)をコマンドプロントスクリプトで実行しようとすると失敗する [既知の問題]

・[WSL(Bash)] VIMが破損している [既知の問題]

Build 16193


5月12日にWindows UpdateにてBuild 16193がリリースされた。
また、公式サイトにてISO形式ファイルが配布されている。
win10Build16193_01.png win10Build16193_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16193.rs_prerelease.170507-1300]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

次期のアップデートの名称が「Windows10 Fall Creators Update」というものに決定された。
Build 2017: Sparking the next wave of creativity with the Windows 10 Fall Creators Update - Windows Experience Blog
クリエイター向け機能をさらに盛り込んだWindows 10 Fall Creators Update - PC Watch
今後のテストで、クリエイター向けの機能が追加されていくことが予想される。

今回も機能の追加や不具合修正などが行われている。
また、15(16?)日からは、BugBashの開催も予定されている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16193 for PC + Build 15213 for Mobile - Windows Experience Blog
Windows 10 プレビュー版にディープラーニングとAIで写真/ビデオを管理する「Story Remix」搭載 - PC Watch

変更点


・[サウンド] UWPアプリごとに音量調節ができるように
タスクバーに表示されているサウンドアイコンを右クリック,「音量ミキサーを開く(M)」でアプリごとの音量調節ができるが、
今回より新たにUWPアプリごとの音量調節に対応した。
win10Build16193_03.png
「音量ミキサー」に機能が追加されたのはうれしいが、以前のようにメニューから開きやすくしてほしい。

・[フォト] 新機能の追加
今回の目玉機能で、「Story Remix」という機能が追加され、
ディープランニングとAIを駆使した検索機能や、写真やビデオから自動的に動画が作成できる機能が追加された。
win10Build16193_04.png

機能が追加されたことで、トップ画面の見た目が変わった。
win10Build16193_05.png

試しに、「作成」よりデフォルトで保存されている壁紙を選択し、「ストーリー」を作成した。
win10Build16193_06.png win10Build16193_07.png

「ストーリーの視聴」をクリックすると、自動でストーリーが作成される。
win10Build16193_08.jpg

自動で作成されたストーリーは、写真の枚数に応じて自動的に動画の長さが決められ、動画の長さに合った音楽が追加された。
写真はスライドショーのような感じで表示される。
win10Build16193_09.png
作成したストーリーは、OneDriveやSwayへアップロードして共有することができる。
気に入らなければ、「Remix it for me」で再度自動で作成し直したり、自分で編集することができる。

自分で編集する場合は、写真の表示時間や順番の変更、写真の追加のほかにも、テキストの追加やモーションなどの変更が行える。
win10Build16193_10.jpg win10Build16193_11.jpg
win10Build16193_12.jpg win10Build16193_13.jpg
テキストに関しては、色やフォントを変更することはできなかった。

音楽は、用意されているものの中から様々な種類の音楽を選択することができる(画像に表示されているリスト以外にも多数ある)。
win10Build16193_14.png
自分で用意した音楽を選択することも可能。

作成した「ストーリー」は、自動的に保存される。
win10Build16193_15.png
ストーリーの再生や編集中は、写真やビデオのサイズにもよるが、ある程度のスペックがないと動作が重くなるので注意。

「ストーリー」については、以前のOSにも追加機能としてあったような気もするが、それよりもより使いやすくなった。
当初、公式ブログの画像だけを見たときは、新たなムービーメーカーが追加されたのかと勘違いしてしまった。
「フォト」で手軽に写真やビデオを管理し、楽しみたいときには便利な機能だが、ビデオ専用に新たなムービーメーカーの開発もしてほしいところ。

・[タスクマネージャー] 省電力機能の名称が「Background Moderated」から「Power Throttling」へ変更
Build 16179で追加された機能によるもので、以前より「詳細」タブのカラム(列)に省電力機能の状態が表示できるようになっていた。
そこに表示される名称が「Background Moderated」から「Power Throttling」へ変更されている。
win10Build16193_16.png

・[ショートカットキー] ナレータ(設定)を開く
Win+Ctrl+N

改善点


・[デバイス] USBルートハブが無効にされ、デバイスマネージャで再び有効にするまでUSBデバイスが認識されない問題

・[アクションセンター] 通知が拡大された場合にアクションセンターの「すべてクリア」が機能しない問題

・[ストア] 「Windowsストアキャッシュが破損している可能性があります」というエラーでトラブルシューティングを実行した場合、誤ったメッセージが表示される問題

・[設定] 「個人用設定」,「ロック画面」を開いてから他の設定を開こうとするとクラッシュする問題

・[設定 - 更新とセキュリティ] 英語以外の言語環境で「回復」項目にある機能が使用できない問題

問題点


・[システム,エクスプローラー] 表示がおかしい
フォルダー,ファイルのプロパティなどのウィンドウの背景がグレーに表示されたり(再発)、
フォルダーの選択画面で、最下層のフォルダーを選択すると「>」が表示されたり、
設定項目(たとえば電源)にて項目の最下層を選択すると「+」が表示される。
また、少々気になる点として、電源の設定で選択できるモードが、なぜか「バランス」しかなかった。

・[Edge] PDFが開けないことがある [既知の問題]

・[Windows Defender] タッチパネル環境でWindows Defender Application Guardが動作しない [既知の問題]
※Enterprise用の機能

タッチパネル環境の場合、起動時に黒いウィンドウが表示されてしまう。
機能を試したい場合は、デバイスマネージャーから「ヒューマンインタフェースデバイス」項目内にある
「HID対応タッチスクリーン」と「Intel Precise Touch Device」を無効にし、再起動する必要がある。
その場合、タッチ機能が使用できなくなるので注意。

・[アプリ] 「Facebook」,「Instagram」,「Messenger」アプリにログインする際にパスワードが入力できない [既知の問題]
「ブラウザでログイン」ボタンよりログインする必要がある。

・[アカウント] 本人確認で携帯のメールアドレスが使えない [クリーンインストール時に確認]
携帯のアドレスが自動的にSMSメッセージとなってしまい、正しいアドレスを入力してもコードの通知メールが来なくなってしまった。
パソコンのメールアドレスだと問題なし。

・[Windowsの機能] .Net Framework 3.5がインストールできない [クリーンインストール時に確認]
インターネットに接続されているのにもかかわらず、「インターネットに接続していることを確認してから・・・」というエラーが出てインストールできなかった。
エラーコードは「0x800F081F」で、インストールメディアから手動でインストールすることはできた。
他に気になる挙動として、初回のWindows Update時に「ネットワークに接続されているか確認してください」というメッセージが出た(もちろん接続済み)。

Build 16188


5月5日にWindows UpdateにてBuild 16188がリリースされた。
win10Build16188_01.png win10Build16188_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16188.rs_prerelease.170430-1928]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回も機能の追加や不具合修正が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16188 for PC + Build 15210 for Mobile - Windows Experience Blog

変更点


・[Edge] PDF Readerの機能改善
PDFファイルに埋め込まれたフォームに文字を入力できるようになったり、
Webノート機能を使用してPDFファイルに文字などを書き込んでPDF形式で保存できるようになった。
他にも、文章を読む際に便利な「見出し」機能やページの見開き機能が追加されたり、違う方向でスキャンされたドキュメントのために回転機能が追加されている。

・[Windows Defender] 「Windows Defender Application Guard」機能の追加
新たにWindows Defender Application Guardというマルウェアやゼロデイ攻撃から保護する機能が追加された。
この機能は企業向けで、Enterpriseエディションのみ使用可能。また、Hyper-Vが利用できる環境が必要。
機能を使用するには「Windowsの機能」から「Windows Defender Application Gurd」にチェックを入れ、再起動する必要がある。
win10Build16188_03.png
この機能はEdgeで試すことができる。
ちなみに、Proでもチェックを入れることはできたが、機能を使用することはできなかった。

・[設定 - 簡単操作] 拡大鏡の設定項目が改善
拡大鏡で使用できるショートカットキーの一覧が表示されたり、「設定」アプリでズームレベルを指定できるようになった。
win10Build16188_04.png
また、「Win+Ctrl」キーを押しながらマウスホイールを動かすことで拡大倍率を変更できるようになったり、
「Win+Ctrl+M」キーで「設定」アプリの拡大鏡の設定項目が開くようになったりと新機能も追加されている。

・[設定 - Cortana] Cortanaの項目が追加
新たにCortanaの項目が追加され、Cortanaの設定が行えるようになった。
win10Build16188_05.png

このため、Cortanaの設定を行う際は、「設定」アプリが開かれるようになった。
win10Build16188_06.png win10Build16188_07.png
win10Build16188_08.png win10Build16188_09.png

ただ、Cortanaの機能を無効にする設定は相変わらず表示されていなかった。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「Windows Insider Program」項目のアイコンが変更
Ninjacatと呼ばれるキャラクターのアイコンに変更されている。
win10Build16188_10.png

・[Windows Update] 通知の改善(未確認)
作業を中断することなく利用可能なアップデートが分かるように通知が改善されたとのこと。

改善点


・[エクスプローラー] 一部(古いアプリ?や32bit用アプリ)の保存ウィンドウで項目が正しく表示されない問題
項目が正常に表示されるようになり、改善されているのを確認した。

・[アクションセンター] アクションセンターが開かないことがある問題

・[Windows Ink] 「最近使用したもの」に表示されているアプリを開くと、「Explorer.exe」がクラッシュする問題

・[アプリ] ローカライズされたアプリがローカライズされたInsider Build(x64)上で動作しない問題

・[Windows Defender] タスクバーのアイコンをダブルクリックしてもウィンドウが開かない問題
ようやく改善された。
ただ、スキャン中にウィンドウを閉じると、進行状況が表示されなくなる問題は改善されていない。

問題点


・[システム] PCをシャットダウンする際に、PCがハングアップする可能性がある [既知の問題]
また、場合によっては起動が失敗することがあり、2度目以降は正常に起動するとのこと。

・[Outlook 2016] 迷惑メールフィルタがOutlookのデータファイルを読めないために起動時にハングアップする [既知の問題]

・[設定] 動作が不安定 [既知の問題,再掲]
「個人用設定」の「ロック画面」をクリックすることでクラッシュする問題が既知の問題として掲載されているので再掲したい。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 英語以外の言語環境で「回復」項目にある機能が使用できない [既知の問題,更新]

Build 16184


4月29日にWindows UpdateにてBuild 16184がリリースされた。
win10Build16184_01.png win10Build16184_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16184.rs_prerelease.170424-2211]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回も細かな新機能が追加された他、不具合修正も行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16184 for PC + Build 15208 for Mobile - Windows Experience Blog
タスクバーから連絡先へ簡単にアクセスできるWindows 10プレビューBuild 16184 - PC Watch

変更点


・[タスクバー] My People機能の追加
通知領域の左側に新たに「My People(翻訳では"人")」が追加された。
win10Build16184_03.png win10Build16184_04.png

アイコンをクリックすると、PeopleやSkypeなどのアプリへのリンクが表示されたり、連絡先に登録されている人物をタスクバーにピン留めすることができる。
win10Build16184_05.png win10Build16184_06a.png win10Build16184_07.png

「その他の連絡先」をクリックすると、連絡先に登録されている人物の一覧が表示され、表示されている人物をクリックすることで、
チャットを行うアプリ一覧が表示されると共に、タスクバーにピン留めされる。
win10Build16184_08.png win10Build16184_09.png
また、この機能経由でアプリを使用して特定の人とチャットを行うと、使用したアプリが記憶される。

ピン留めを外すには、アプリ一覧ウィンドウに表示されている「・・・」ボタンより「タスクバーからピン留めを外す」をクリックするか、
タスクバーにピン留めされた項目のコンテキストメニューから外すことが出来る。
win10Build16184_10.png win10Build16184_11.png


正直、必要な機能ではないので非表示したいのだが、コンテキストメニューからでは、項目はあるのだが非表示にはできなかった。
win10Build16184_12.png

現時点では、「設定」,「個人用設定」,「タスクバー」,「People」項目から「Show people on the taskbar」をオフにする必要がある。
win10Build16184_13.png

・[メール] GMailアカウントで新機能が使用可能に
「Focused inbox」,「Faster and improved search」,「Travel and package tracking」といった新機能が使用可能になった。

・[ペイント3D] アイコンが変更
win10Build16184_14.png

・[設定 - 個人用設定] 「スタート」の項目にあったデスクトップのプレビュー画面が削除
ほかの設定項目にてプレビューを確認できるため。

改善点


・[デバイス] 一部のオーディオドライバで「encoding Audio Processing Object」が機能しなかった問題
一般的に「Dolby Digital Live」または「DTS Connect」と呼ばれる機能で、これらの機能を使用した音声出力が機能しなかった問題が修正された。

・[スタート] スクロールバーを改良されたものに更新
これにより、「設定」と同じスクロールバーになり、マウスカーソルを当てていない場合は、自動的に細いバーに変わるようになった。

・[スタート] すべてのアプリリストからタイルメニューへアプリをドロップ&ドラッグするとクラッシュする問題

・[スタート] 日本語の環境で、アップグレード後の最初のログイン時に、「すべてのアプリ」に登録されている項目が通常の位置ではなく一番下に表示される問題
以前より発生していた「漢字」に登録されてしまう問題?
確認したところ、今のところは正常にふりがな順に表示されている。

・[フォト] 「コレクション」から画像を開き、「戻る」ボタンを押すとクラッシュする問題

・[ゲーム] Build 16176以降で「Counter Strike Global Offensive」がフリーズする問題

・[設定 - システム] 「通知とアクション」の通知設定の読み込みパフォーマンスが改善

問題点


・[アップグレード] エラー「0x80070002」でアップグレードが行えない
前回のBuild(16179)へアップグレードする際にも発生したので、Build 16176から発生している問題だが、エラーが出てアップグレードが行えないことがある。
Build 16179へアップグレードする際にエラーが発生したときは、一度再起動し、再度Windows Updateを行うことでアップグレードが行えたが、
当Buildへのアップグレードに関しては、再起動してもエラーでループしてかなり手こずった。

いろいろ試した結果、トラブルシューティングよりWindows Updateを修復し(必要?)、ルートディレクトリにある「$WINDOWS.~BT」を削除(念のため)、
「Windows Update」サービスを停止後に「C:\Windows\SoftwareDistribution\Download」内のファイルやフォルダーを削除するか、念のため別の場所に移動(重要)後に再起動し、
再度Windows Updateを行ったところ、正常に作業が進み、アップグレードが行えた。
このことから恐らく、何らかの原因でダウンロードしたファイルが破損していたために、エラーでループしたのだと思われる。

・[アクションセンター] アクションセンターが開かないことがある [既知の問題,再掲]
この問題も既知の問題に取り上げられたので再掲したい。

・[アプリ] ローカライズされたアプリがローカライズされたInsider Build(x64)上で動作しない [既知の問題]

・[設定] 動作が不安定
「個人用設定」内の設定項目を行き来するとクラッシュしたり、設定を行うとしばらく固まったりと、全体的な動作が不安定になってしまった。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「回復」項目にある機能が使用できない [既知の問題]

Build 16179


4月20日にWindows UpdateにてBuild 16179がリリースされた。
win10Build16179_01.png
win10Build16179_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16179.rs_prerelease.170417-1642]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。
アップグレード後になぜか「Creators Updateへようこそ」画面が表示された。

今回も細かな機能追加と不具合修正が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16179 for PC + Build 15205 for Mobile - Windows Experience Blog
バッテリ駆動を延長させる「Power Throttling」がWindows 10プレビューに実装 ~現時点はSkylake/Kaby Lakeのみ対応 - PC Watch

変更点


・[システム,電源] Power Throttling機能の追加
新たな省電力機能として、使用中のアプリがどのようなものかを自動的に識別し、適切に電源管理を行う機能が追加された。
以前(Build 15002)より実験が行われていたが、前回のBuild(17176)より機能が追加されている。

この機能がオンになっている場合、一部のベンチマークでのスコアが下がる可能性があるので、その場合は機能をオフにする必要がある。
タスクバーのバッテリーメニューからスライダーを「最も高いパフォーマンス」にして機能を完全にオフにするか、
「設定」,「システム」,「バッテリー」,「アプリによるバッテリーの使用」で機能をオフにしたいアプリをクリックし、
「Windowsで管理」項目をオフにし、「アプリに・・・許可する」のチェックを外すことで、電源管理をオフにしたいアプリを個別に指定することができる。
win10Build16179_03.png

この機能は、すべての環境で使用できるわけではなく、CPUとOSが対応していないと使用できない。
現時点で使用できるCPUは、Speed Shiftテクノロジーが搭載されたIntelのCPU(Coreiシリーズの6世代以降)。
今後、ほかのCPUでも対応されるとのこと。
Introducing Power Throttling - Windows Experience Blog

・[Hyper-V] 復元機能の追加
これにより、仮想マシンで発生したミスなどを戻すことができる。
復元できる範囲は、仮想マシンを最後に起動したときまで。

・[グループポリシー] Proエディションで「ロック画面を表示しない」設定が行えるように
フィードバックによるもので、
「コンピューターの構成」,「管理用テンプレート」,「コントロール パネル」,「個人用設定」,
「ロック画面を表示しない」の設定がProでも行えるようになった。
テキストが更新されていないため、「Enterprise,Education,Serverのみ有効」となっているが、今後の更新で修正される。

改善点


・[デスクトップ] 「アイコンの自動整列」がオン,「アイコンを等間隔に整列」がオフのときに、アイコンが予期せず動いてしまう問題

・[タスクバー] 「夜間モード」のクイックアクションが表示された場合にアクションセンターを開くと、位置アイコンが表示されたままになる問題

・[アプリ] Desktop Bridgeを使用するアプリ(Slack,Evernoteなど)を起動すると、「ntfs.sys」でエラーが発生し、バグチェックが発生する問題

問題点


・[アクションセンター] アクションセンターが開かないことがある
発生した場合は、再起動することで解消される。

・[エクスプローラー] 一部(古いアプリ?や32bit用アプリ)の保存ウィンドウで項目が正しく表示されない [既知の問題,再掲]
既知の問題に掲載されたので再掲したい。64bitアプリでは問題なし。

・[設定] 「更新とセキュリティ」,「Windows Update」を開くと設定アプリがクラッシュすることがある [既知の問題]

Build 16176


4月15日にWindows UpdateにてBuild 16176がリリースされた。
win10Build16176_01.png win10Build16176_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16176.rs_prerelease.170410-1642]。
使用期限は[2017/05/16 6:19]まで。

今回もシステム(OneCore)の改良が主な内容で、新機能の追加は少ない。
もちろん改善点もあるが、致命的な不具合が発生する可能性があるので、インストールする場合は注意。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16176 for PC + Build 15204 for Mobile - Windows Experience Blog
Windowsサブシステム内のLinuxでCOMポートを使用可能に。Windows 10プレビュー版「Build 16176」 - PC Watch

変更点


・[WSL] シリアルデバイスをサポート
Windows Subsystem for Linux(WSL)プロセスからCOMポートへ直接アクセスできるようになった。
Serial Support on the Windows Subsystem for Linux - Windows Subsystem for Linux (Blog MSDN)

ほかにも、ファイルシステムのサポートなどの機能が追加された。
Bash on Ubuntu on Windows - Release Notes (Blog MSDN)

改善点


・[デバイス] 電源ボタンを7秒間押し続けるとバグチェックが発生する問題
従来のACPI電源ボタンを使用しない新しいデバイスで発生していた。

・[デバイス] Surface Bookで、スリープ中にバグチェックが発生し、スリープから復帰後にディスクチェックが実行される問題

・[ナレーター] ナレーターが動作しない問題

・[スタート,アクションセンター] 特定のデバイスで、透明効果をONにし、UWPアプリを開いている場合、スタートメニューやアクションセンターの表示がぎこちなく表示される問題

・[アクションセンター] 予期せず1つ~複数の通知が却下される問題

・[アプリ] Build 15031で作成した新しいユーザーアカウントで、アプリやゲームがクラッシュする問題

・[アプリ] Win32アプリケーションのテキストがレンダリングされない問題

・[Edge] 特定の環境で、拡張機能がインストールされていた場合にEdgeが応答停止する問題
Connected Standbyが有効になっている環境で発生していた。

問題点


・[Windows Ink] 「最近使用したもの」に表示されているアプリを開くと、「Explorer.exe」がクラッシュする [既知の問題]

・[アプリ] Desktop Bridgeを使用するアプリ(Slack,Evernoteなど)を起動すると、「ntfs.sys」でエラーが発生し、バグチェックが発生する [既知の問題]

Build 16170


2017年4月8日にWindows UpdateにてBuild 16170がリリースされた。
win10Build16170_01.png win10Build16170_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16170.rs_prerelease.170331-1532]。
使用期限は[2017/05/16 6:19]まで。
RS2(Creators Update)がWindows Updateで一般ユーザー向けにリリースされる前の公開だったので、少々驚いた。

今回のBuildは、システム(OneCore)の改良が主な内容となっている。
いつものことだが、改善点もあるが、不具合もある為、機能を一足先に試したい人に推奨される。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16170 for PC - Windows Experience Blog
Creators Updateの公開日前に次期Windows 10「Redstone 3」のテストが開始 ~Insider Preview「Build 16170」が公開 - PC Watch

変更点


・[Insider] Windows Insider Program for Business
新たに企業向けのInsider Programの登録受付が開始された。
登録には、勤務先の「Azure Active Directory 資格情報」が必要で、専用のサイトから登録する必要がある。
これにより、今までよりも機能追加や不具合修正などの対応が迅速に行われることが期待される。

・[エクスプローラー] 「共有」アイコンを新しくなったものに更新
win10Build16170_03.png

改善点


・[アップグレード] 再起動時に「8024a112」エラーが出てアップグレードできない問題

・[共有] Cortanaが有効になっていない場合に、「Cortana リマインダー」が共有のアプリリストに表示される問題

・[接続] ミラキャスト接続で初めてペアリングした際に接続UIを閉じると、セッションが1分ほどで切断される問題

・[アプリ] 高DPI環境で、互換性タブの「設定」項目でアプリを「システム(拡張)」にしている場合、グラフィックアクセラレーションを使用するアプリが正しく表示されない問題

・[設定 - システム] 夜間モードでスケジュールをオフにした場合、すぐに夜間モードがオフになるように修正

問題点


・[全般] TH1~RS2の不具合を引き継いでいる

・[ナレーター] ナレーターが動作しない [既知の問題]

・[アクションセンター] 予期せず1つ~複数の通知が却下される [既知の問題]
問題が発生した場合は、再起動することで改善される。

・[エクスプローラー] 一部(古いアプリ?や32bit用アプリ)の保存ウィンドウで項目が正しく表示されない
win10Build16170_04.png win10Build16170_05.png
ドライブの名前や左の項目の一部が表示されていない。

・[エクスプローラー] ファイルのプロパティウィンドウが別のグループで表示されない
Windows8以前のように、エクスプローラーのグループでウィンドウが纏められている。
不具合なのか仕様変更なのかは不明。

・[ゲーム] 特定のハードウェア構成で、ブロードキャスト中にゲームバーのライブレビューウィンドウが緑色に点滅することがある [既知の問題,追記]
新たに追加された情報として、最新のグラフィックドライバをインストールすることで改善されるかもしれない とのこと。
コメント

トラックバック

http://tattu1902.blog136.fc2.com/tb.php/107-bdeb6cea