Windows10 Insider Preview その5 - Tattuの備忘Log

Tattuの備忘Log ホーム » パソコン » Windows10 Insider Preview その5

Windows10 Insider Preview その5

(2017/05/19) Build 16199について更新
※当記事は今後、テキスト及び画像の量が多くなり、ページの表示やスクロールに時間がかかったりブラウザが重くなることが予想されます。
ご了承ください。


Build Update / Build 16199 / Build 16193 / Build 16188 / Build 16184 / Build 16179 / Build 16176 / Build 16170 /

Windows10では、こまめに機能を追加していくということで、今後は「Windows xx」といったバージョンという概念は無くなる。
その為、Windows Insider Programに参加すると、新しい機能(不具合含む)を一足先に試すことが出来る。
2017年5月12日には、公式サイトにてISO形式でBuild 16193が配布された。
現時点では、2017年5月18日よりWindows Updateで配布されているBuild 16199が最新。

これ以前の情報は
Windows10について [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その1 (TH1リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その2 (TH2リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その3 (RS1リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その4 (RS2リリースまで) [当Blog記事]
や他のサイトをご覧ください。

Insider Previewは、あくまでもテスト用のバージョンなので、
インストールする場合は、問題に対処できるように事前にバックアップをとった上で自己責任で行ってください。
また、この記事に書かれている内容は、今後のバージョンアップで大幅に変わることが予想されるので、参考程度にご覧ください。
参考:テストに使用しているPC

UserAgent
(Windows10 Insider Preview x64 [Build 16199],IE11)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


(Windows10 Insider Preview x64 [Build 16199],Edge)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/52.0.2743.116 Safari/537.36 Edge/15.16199

※Edge/1x.***** の[*****]にはビルドナンバー(「Micrsoft EdgeHTML」のバージョン)が入る。

Build Update


製品版がアップデートされた場合は、その都度この記事でまとめたり、Windows10についての記事に統合します。
 詳しい変更点や既知の問題については、Windows Experience Blog [英語]の各Buildの記事をご覧ください。
 また、当記事の内容は、上記のBlogより一部の内容を掲載・引用していますが、誤訳がある場合やすべての内容を掲載していませんので参考程度にご覧ください。

更新について


Insider Previewに切り替えたり、テスト版のBuildを更新する場合はMicrosoftアカウントとの関連付けが必要です。
また、「設定」アプリより「Insider Preview ビルドの受け取り」をする設定が必要です。
win10Buildupdate_05.pngwin10Buildupdate_06.pngwin10Buildupdate_07.png
※クリーンインストール後は、Windows Updateに新しいInsider Buildが表示されるまでしばらくかかります(数時間~)。
大抵は時間をおいてから確認すると表示されますが、なかなか表示されない場合は、しばらく使用したり電源を入れっぱなしにしておくと良いかもしれません。

なお、Insider Previewに参加済みのPCを製品版またはテスト版(ISO)でクリーンインストールした環境で確認しています。

Buildのアップグレードに時間がかかる・不具合が発生する場合


「更新プログラムを初期化しています...」や「更新プログラムをダウンロードしています 0%」というメッセージのまま表示が変わらない場合、
しばらく放置(1時間~?)することでダウンロードやインストールが行われます。
Buildのアップグレード時は、安定したネットワークや電源に接続した上で、時間があるときに行うことをお勧めします。

また、「一部の更新が取り消されました。・・・」といったメッセージが表示された場合、以下のレジストリキーを削除することで改善されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update\RequestedAppCategories\8b24b027-1dee-babb-9a95-3517dfb9c552
PC Build Install: "Some Update Were Cancelled" - Microsoft Community

Build 16199


5月18日にWindows UpdateにてBuild 16199がリリースされた。
win10Build16199_01.png win10Build16199_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16199.rs_prerelease.170513-2252]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回も機能の追加や不具合修正が行われている。
5月15(16?)日よりBugBashが開催中で、5月21(22?)日まで行われる。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16199 for PC + Build 15215 for Mobile - Windows Experience Blog
Windowsにタスクバーからコミュニケーションを図る「My People」が復活 ~プレビュー版Windows 10「Build 16199」公開 - PC Watch

変更点


・[スタート] コンテキストメニューの改善
「共有」、「アンインストール」、「レート」などの項目にアイコンが追加された。
win10Build16199_03.png win10Build16199_04.png

・[アクションセンター] クイックアクションから「ノート」が削除
使用頻度が低いため。

・[My People] 機能追加
・連絡先に登録されている人物から受け取った絵文字をタスクバーに表示したり、アニメーション化することができるように
・バックグラウンドでメッセージを受け取った際に、ピン留めしている人物のアイコンに件数が表示される通知バッジ機能の追加(Skype 11.16.556.0以上のバージョンが必要)
・タスクバーにピン留めした連絡先(人物)にファイルをドラッグ&ドロップすることで、電子メール機能を使用してファイルを送信することができる機能

・[コンテキストメニュー] 「Bluetooth デバイス」のアイコンが変更
win10Build16199_05.png

・[設定] ヒントがビデオで表示されるように
「設定」,「簡単操作」,「ハイコントラスト」に試験的に導入された。
小画面の場合は下部に、大画面の場合は右端に表示される。
win10Build16199_06.png win10Build16199_07.png
映像の見出し以外の説明画像や音声は英語だった。製品版までには日本語にも対応してほしいところ。

なお、ビデオの下部に謎の文字列が表示されている(問題点にも記載)が、機能追加によって発生した不具合(文字化け)だと思われる。

・[設定 - システム] 「ストレージセンサー」にダウンロードしたファイルをクリーンアップする機能の追加
「ダウンロード」フォルダーに30日間以上変更されていないファイルがある場合、自動的に削除できるようになった。
win10Build16199_08.png

・[設定 - システム] 「バージョン情報」項目にWindows Defenderで表示される「システムの状況」が表示されるように
win10Build16199_09.png
他にも、デバイスIDなど表示される項目が追加されている。

・[設定 - ゲーム,ゲームバー] 機能改善

・[設定,ブロードキャスト] ゲームのオーディオのみを選択してブロードキャストすることができる機能(Per-app audio{アプリごとのオーディオ設定})の追加

・[設定,Game Monitor] 項目の追加(一時的?)
win10Build16199_10.png

・[ゲームバー] 音声の設定ページが「ゲームDVR(ゲーム録画)」へ移動
アプリごとのオーディオ設定も「ゲーム録画」で設定できる。
win10Build16199_11.png
※スペックが低いため、設定項目がグレーアウトしています。

・[ナレーター] ナレーターの実行中に「Caps Lock,E,E」を押すことでFeedback Hubが起動できるように

・[着信通知] Androidの着信通知が表示できるように
機能を使用するには、Android搭載のスマートフォンにCortanaアプリをインストールし、「Settings(設定)」,「Sync notifications(通知の同期)」で
クロスデバイス機能をオンにする必要がある。

改善点


・[アップグレード] アップグレード後も、ローテーションロック(タブレット等の画面回転の状態?)の設定が保持されるように

・[アプリ] Buildのアップグレード前に特定のサードパーティのウイルス対策ソフトが有効だった場合、多くのWin32アプリが起動しない問題

・[ゲーム] 特定のフルスクリーンゲームを起動した後にカラープロファイルが無視される問題

・[Windows Defender] タッチパネル環境でWindows Defender Application Guardが動作しない問題

・[Windows Defender] 「デバイスのパフォーマンスと正常性」の機能改善
・無効になっているドライバを問題として表示しないように
・AC電源に接続中に、画面の明るさを最大にしても警告しないように

問題点


・[システム] 言語パックを追加できない [既知の問題]
なお、前回までのBuildで言語パックを追加している場合は、自動的に引き継がれる。

・[ゲーム] Civilization VIなどの一部のゲームが動作しない [既知の問題]

・[Windows Mixed Reality(複合現実ポータル)] 動作しない [既知の問題]

・[Feedback Hub] 動作しない(サインインできない)
Feedback Hubを一度アンインストールし、ストアからインストールし直すことで改善された。

・[設定] 謎の文字列が表示される
一部の項目に謎の文字列(文字化け)が表示されてしまう(新機能の追加のための弊害?)

・[コマンドプロント] choice command(選択コマンド)をコマンドプロントスクリプトで実行しようとすると失敗する [既知の問題]

・[WSL(Bash)] VIMが破損している [既知の問題]


Build 16193


5月12日にWindows UpdateにてBuild 16193がリリースされた。
また、公式サイトにてISO形式ファイルが配布されている。
win10Build16193_01.png win10Build16193_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16193.rs_prerelease.170507-1300]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

次期のアップデートの名称が「Windows10 Fall Creators Update」というものに決定された。
Build 2017: Sparking the next wave of creativity with the Windows 10 Fall Creators Update - Windows Experience Blog
クリエイター向け機能をさらに盛り込んだWindows 10 Fall Creators Update - PC Watch
今後のテストで、クリエイター向けの機能が追加されていくことが予想される。

今回も機能の追加や不具合修正などが行われている。
また、15(16?)日からは、BugBashの開催も予定されている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16193 for PC + Build 15213 for Mobile - Windows Experience Blog
Windows 10 プレビュー版にディープラーニングとAIで写真/ビデオを管理する「Story Remix」搭載 - PC Watch

変更点


・[サウンド] UWPアプリごとに音量調節ができるように
タスクバーに表示されているサウンドアイコンを右クリック,「音量ミキサーを開く(M)」でアプリごとの音量調節ができるが、
今回より新たにUWPアプリごとの音量調節に対応した。
win10Build16193_03.png
「音量ミキサー」に機能が追加されたのはうれしいが、以前のようにメニューから開きやすくしてほしい。

・[フォト] 新機能の追加
今回の目玉機能で、「Story Remix」という機能が追加され、
ディープランニングとAIを駆使した検索機能や、写真やビデオから自動的に動画が作成できる機能が追加された。
win10Build16193_04.png

機能が追加されたことで、トップ画面の見た目が変わった。
win10Build16193_05.png

試しに、「作成」よりデフォルトで保存されている壁紙を選択し、「ストーリー」を作成した。
win10Build16193_06.png win10Build16193_07.png

「ストーリーの視聴」をクリックすると、自動でストーリーが作成される。
win10Build16193_08.jpg

自動で作成されたストーリーは、写真の枚数に応じて自動的に動画の長さが決められ、動画の長さに合った音楽が追加された。
写真はスライドショーのような感じで表示される。
win10Build16193_09.png
作成したストーリーは、OneDriveやSwayへアップロードして共有することができる。
気に入らなければ、「Remix it for me」で再度自動で作成し直したり、自分で編集することができる。

自分で編集する場合は、写真の表示時間や順番の変更、写真の追加のほかにも、テキストの追加やモーションなどの変更が行える。
win10Build16193_10.jpg win10Build16193_11.jpg
win10Build16193_12.jpg win10Build16193_13.jpg
テキストに関しては、色やフォントを変更することはできなかった。

音楽は、用意されているものの中から様々な種類の音楽を選択することができる(画像に表示されているリスト以外にも多数ある)。
win10Build16193_14.png
自分で用意した音楽を選択することも可能。

作成した「ストーリー」は、自動的に保存される。
win10Build16193_15.png
ストーリーの再生や編集中は、写真やビデオのサイズにもよるが、ある程度のスペックがないと動作が重くなるので注意。

「ストーリー」については、以前のOSにも追加機能としてあったような気もするが、それよりもより使いやすくなった。
当初、公式ブログの画像だけを見たときは、新たなムービーメーカーが追加されたのかと勘違いしてしまった。
「フォト」で手軽に写真やビデオを管理し、楽しみたいときには便利な機能だが、ビデオ専用に新たなムービーメーカーの開発もしてほしいところ。

・[タスクマネージャー] 省電力機能の名称が「Background Moderated」から「Power Throttling」へ変更
Build 16179で追加された機能によるもので、以前より「詳細」タブのカラム(列)に省電力機能の状態が表示できるようになっていた。
そこに表示される名称が「Background Moderated」から「Power Throttling」へ変更されている。
win10Build16193_16.png

・[ショートカットキー] ナレータ(設定)を開く
Win+Ctrl+N

改善点


・[デバイス] USBルートハブが無効にされ、デバイスマネージャで再び有効にするまでUSBデバイスが認識されない問題

・[アクションセンター] 通知が拡大された場合にアクションセンターの「すべてクリア」が機能しない問題

・[ストア] 「Windowsストアキャッシュが破損している可能性があります」というエラーでトラブルシューティングを実行した場合、誤ったメッセージが表示される問題

・[設定] 「個人用設定」,「ロック画面」を開いてから他の設定を開こうとするとクラッシュする問題

・[設定 - 更新とセキュリティ] 英語以外の言語環境で「回復」項目にある機能が使用できない問題

問題点


・[システム,エクスプローラー] 表示がおかしい
フォルダー,ファイルのプロパティなどのウィンドウの背景がグレーに表示されたり(再発)、
フォルダーの選択画面で、最下層のフォルダーを選択すると「>」が表示されたり、
設定項目(たとえば電源)にて項目の最下層を選択すると「+」が表示される。
また、少々気になる点として、電源の設定で選択できるモードが、なぜか「バランス」しかなかった。

・[Edge] PDFが開けないことがある [既知の問題]

・[Windows Defender] タッチパネル環境でWindows Defender Application Guardが動作しない [既知の問題]
※Enterprise用の機能

タッチパネル環境の場合、起動時に黒いウィンドウが表示されてしまう。
機能を試したい場合は、デバイスマネージャーから「ヒューマンインタフェースデバイス」項目内にある
「HID対応タッチスクリーン」と「Intel Precise Touch Device」を無効にし、再起動する必要がある。
その場合、タッチ機能が使用できなくなるので注意。

・[アプリ] 「Facebook」,「Instagram」,「Messenger」アプリにログインする際にパスワードが入力できない [既知の問題]
「ブラウザでログイン」ボタンよりログインする必要がある。

・[アカウント] 本人確認で携帯のメールアドレスが使えない [クリーンインストール時に確認]
携帯のアドレスが自動的にSMSメッセージとなってしまい、正しいアドレスを入力してもコードの通知メールが来なくなってしまった。
パソコンのメールアドレスだと問題なし。

・[Windowsの機能] .Net Framework 3.5がインストールできない [クリーンインストール時に確認]
インターネットに接続されているのにもかかわらず、「インターネットに接続していることを確認してから・・・」というエラーが出てインストールできなかった。
エラーコードは「0x800F081F」で、インストールメディアから手動でインストールすることはできた。
他に気になる挙動として、初回のWindows Update時に「ネットワークに接続されているか確認してください」というメッセージが出た(もちろん接続済み)。

Build 16188


5月5日にWindows UpdateにてBuild 16188がリリースされた。
win10Build16188_01.png win10Build16188_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16188.rs_prerelease.170430-1928]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回も機能の追加や不具合修正が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16188 for PC + Build 15210 for Mobile - Windows Experience Blog

変更点


・[Edge] PDF Readerの機能改善
PDFファイルに埋め込まれたフォームに文字を入力できるようになったり、
Webノート機能を使用してPDFファイルに文字などを書き込んでPDF形式で保存できるようになった。
他にも、文章を読む際に便利な「見出し」機能やページの見開き機能が追加されたり、違う方向でスキャンされたドキュメントのために回転機能が追加されている。

・[Windows Defender] 「Windows Defender Application Guard」機能の追加
新たにWindows Defender Application Guardというマルウェアやゼロデイ攻撃から保護する機能が追加された。
この機能は企業向けで、Enterpriseエディションのみ使用可能。また、Hyper-Vが利用できる環境が必要。
機能を使用するには「Windowsの機能」から「Windows Defender Application Gurd」にチェックを入れ、再起動する必要がある。
win10Build16188_03.png
この機能はEdgeで試すことができる。
ちなみに、Proでもチェックを入れることはできたが、機能を使用することはできなかった。

・[設定 - 簡単操作] 拡大鏡の設定項目が改善
拡大鏡で使用できるショートカットキーの一覧が表示されたり、「設定」アプリでズームレベルを指定できるようになった。
win10Build16188_04.png
また、「Win+Ctrl」キーを押しながらマウスホイールを動かすことで拡大倍率を変更できるようになったり、
「Win+Ctrl+M」キーで「設定」アプリの拡大鏡の設定項目が開くようになったりと新機能も追加されている。

・[設定 - Cortana] Cortanaの項目が追加
新たにCortanaの項目が追加され、Cortanaの設定が行えるようになった。
win10Build16188_05.png

このため、Cortanaの設定を行う際は、「設定」アプリが開かれるようになった。
win10Build16188_06.png win10Build16188_07.png
win10Build16188_08.png win10Build16188_09.png

ただ、Cortanaの機能を無効にする設定は相変わらず表示されていなかった。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「Windows Insider Program」項目のアイコンが変更
Ninjacatと呼ばれるキャラクターのアイコンに変更されている。
win10Build16188_10.png

・[Windows Update] 通知の改善(未確認)
作業を中断することなく利用可能なアップデートが分かるように通知が改善されたとのこと。

改善点


・[エクスプローラー] 一部(古いアプリ?や32bit用アプリ)の保存ウィンドウで項目が正しく表示されない問題
項目が正常に表示されるようになり、改善されているのを確認した。

・[アクションセンター] アクションセンターが開かないことがある問題

・[Windows Ink] 「最近使用したもの」に表示されているアプリを開くと、「Explorer.exe」がクラッシュする問題

・[アプリ] ローカライズされたアプリがローカライズされたInsider Build(x64)上で動作しない問題

・[Windows Defender] タスクバーのアイコンをダブルクリックしてもウィンドウが開かない問題
ようやく改善された。
ただ、スキャン中にウィンドウを閉じると、進行状況が表示されなくなる問題は改善されていない。

問題点


・[システム] PCをシャットダウンする際に、PCがハングアップする可能性がある [既知の問題]
また、場合によっては起動が失敗することがあり、2度目以降は正常に起動するとのこと。

・[Outlook 2016] 迷惑メールフィルタがOutlookのデータファイルを読めないために起動時にハングアップする [既知の問題]

・[設定] 動作が不安定 [既知の問題,再掲]
「個人用設定」の「ロック画面」をクリックすることでクラッシュする問題が既知の問題として掲載されているので再掲したい。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 英語以外の言語環境で「回復」項目にある機能が使用できない [既知の問題,更新]

Build 16184


4月29日にWindows UpdateにてBuild 16184がリリースされた。
win10Build16184_01.png win10Build16184_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16184.rs_prerelease.170424-2211]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。

今回も細かな新機能が追加された他、不具合修正も行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16184 for PC + Build 15208 for Mobile - Windows Experience Blog
タスクバーから連絡先へ簡単にアクセスできるWindows 10プレビューBuild 16184 - PC Watch

変更点


・[タスクバー] My People機能の追加
通知領域の左側に新たに「My People(翻訳では"人")」が追加された。
win10Build16184_03.png win10Build16184_04.png

アイコンをクリックすると、PeopleやSkypeなどのアプリへのリンクが表示されたり、連絡先に登録されている人物をタスクバーにピン留めすることができる。
win10Build16184_05.png win10Build16184_06a.png win10Build16184_07.png

「その他の連絡先」をクリックすると、連絡先に登録されている人物の一覧が表示され、表示されている人物をクリックすることで、
チャットを行うアプリ一覧が表示されると共に、タスクバーにピン留めされる。
win10Build16184_08.png win10Build16184_09.png
また、この機能経由でアプリを使用して特定の人とチャットを行うと、使用したアプリが記憶される。

ピン留めを外すには、アプリ一覧ウィンドウに表示されている「・・・」ボタンより「タスクバーからピン留めを外す」をクリックするか、
タスクバーにピン留めされた項目のコンテキストメニューから外すことが出来る。
win10Build16184_10.png win10Build16184_11.png


正直、必要な機能ではないので非表示したいのだが、コンテキストメニューからでは、項目はあるのだが非表示にはできなかった。
win10Build16184_12.png

現時点では、「設定」,「個人用設定」,「タスクバー」,「People」項目から「Show people on the taskbar」をオフにする必要がある。
win10Build16184_13.png

・[メール] GMailアカウントで新機能が使用可能に
「Focused inbox」,「Faster and improved search」,「Travel and package tracking」といった新機能が使用可能になった。

・[ペイント3D] アイコンが変更
win10Build16184_14.png

・[設定 - 個人用設定] 「スタート」の項目にあったデスクトップのプレビュー画面が削除
ほかの設定項目にてプレビューを確認できるため。

改善点


・[デバイス] 一部のオーディオドライバで「encoding Audio Processing Object」が機能しなかった問題
一般的に「Dolby Digital Live」または「DTS Connect」と呼ばれる機能で、これらの機能を使用した音声出力が機能しなかった問題が修正された。

・[スタート] スクロールバーを改良されたものに更新
これにより、「設定」と同じスクロールバーになり、マウスカーソルを当てていない場合は、自動的に細いバーに変わるようになった。

・[スタート] すべてのアプリリストからタイルメニューへアプリをドロップ&ドラッグするとクラッシュする問題

・[スタート] 日本語の環境で、アップグレード後の最初のログイン時に、「すべてのアプリ」に登録されている項目が通常の位置ではなく一番下に表示される問題
以前より発生していた「漢字」に登録されてしまう問題?
確認したところ、今のところは正常にふりがな順に表示されている。

・[フォト] 「コレクション」から画像を開き、「戻る」ボタンを押すとクラッシュする問題

・[ゲーム] Build 16176以降で「Counter Strike Global Offensive」がフリーズする問題

・[設定 - システム] 「通知とアクション」の通知設定の読み込みパフォーマンスが改善

問題点


・[アップグレード] エラー「0x80070002」でアップグレードが行えない
前回のBuild(16179)へアップグレードする際にも発生したので、Build 16176から発生している問題だが、エラーが出てアップグレードが行えないことがある。
Build 16179へアップグレードする際にエラーが発生したときは、一度再起動し、再度Windows Updateを行うことでアップグレードが行えたが、
当Buildへのアップグレードに関しては、再起動してもエラーでループしてかなり手こずった。

いろいろ試した結果、トラブルシューティングよりWindows Updateを修復し(必要?)、ルートディレクトリにある「$WINDOWS.~BT」を削除(念のため)、
「Windows Update」サービスを停止後に「C:\Windows\SoftwareDistribution\Download」内のファイルやフォルダーを削除するか、念のため別の場所に移動(重要)後に再起動し、
再度Windows Updateを行ったところ、正常に作業が進み、アップグレードが行えた。
このことから恐らく、何らかの原因でダウンロードしたファイルが破損していたために、エラーでループしたのだと思われる。

・[アクションセンター] アクションセンターが開かないことがある [既知の問題,再掲]
この問題も既知の問題に取り上げられたので再掲したい。

・[アプリ] ローカライズされたアプリがローカライズされたInsider Build(x64)上で動作しない [既知の問題]

・[設定] 動作が不安定
「個人用設定」内の設定項目を行き来するとクラッシュしたり、設定を行うとしばらく固まったりと、全体的な動作が不安定になってしまった。

・[設定 - 更新とセキュリティ] 「回復」項目にある機能が使用できない [既知の問題]

Build 16179


4月20日にWindows UpdateにてBuild 16179がリリースされた。
win10Build16179_01.png
win10Build16179_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16179.rs_prerelease.170417-1642]。
使用期限は[2017/12/05 3:23]まで。
アップグレード後になぜか「Creators Updateへようこそ」画面が表示された。

今回も細かな機能追加と不具合修正が行われている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16179 for PC + Build 15205 for Mobile - Windows Experience Blog
バッテリ駆動を延長させる「Power Throttling」がWindows 10プレビューに実装 ~現時点はSkylake/Kaby Lakeのみ対応 - PC Watch

変更点


・[システム,電源] Power Throttling機能の追加
新たな省電力機能として、使用中のアプリがどのようなものかを自動的に識別し、適切に電源管理を行う機能が追加された。
以前(Build 15002)より実験が行われていたが、前回のBuild(17176)より機能が追加されている。

この機能がオンになっている場合、一部のベンチマークでのスコアが下がる可能性があるので、その場合は機能をオフにする必要がある。
タスクバーのバッテリーメニューからスライダーを「最も高いパフォーマンス」にして機能を完全にオフにするか、
「設定」,「システム」,「バッテリー」,「アプリによるバッテリーの使用」で機能をオフにしたいアプリをクリックし、
「Windowsで管理」項目をオフにし、「アプリに・・・許可する」のチェックを外すことで、電源管理をオフにしたいアプリを個別に指定することができる。
win10Build16179_03.png

この機能は、すべての環境で使用できるわけではなく、CPUとOSが対応していないと使用できない。
現時点で使用できるCPUは、Speed Shiftテクノロジーが搭載されたIntelのCPU(Coreiシリーズの6世代以降)。
今後、ほかのCPUでも対応されるとのこと。
Introducing Power Throttling - Windows Experience Blog

・[Hyper-V] 復元機能の追加
これにより、仮想マシンで発生したミスなどを戻すことができる。
復元できる範囲は、仮想マシンを最後に起動したときまで。

・[グループポリシー] Proエディションで「ロック画面を表示しない」設定が行えるように
フィードバックによるもので、
「コンピューターの構成」,「管理用テンプレート」,「コントロール パネル」,「個人用設定」,
「ロック画面を表示しない」の設定がProでも行えるようになった。
テキストが更新されていないため、「Enterprise,Education,Serverのみ有効」となっているが、今後の更新で修正される。

改善点


・[デスクトップ] 「アイコンの自動整列」がオン,「アイコンを等間隔に整列」がオフのときに、アイコンが予期せず動いてしまう問題

・[タスクバー] 「夜間モード」のクイックアクションが表示された場合にアクションセンターを開くと、位置アイコンが表示されたままになる問題

・[アプリ] Desktop Bridgeを使用するアプリ(Slack,Evernoteなど)を起動すると、「ntfs.sys」でエラーが発生し、バグチェックが発生する問題

問題点


・[アクションセンター] アクションセンターが開かないことがある
発生した場合は、再起動することで解消される。

・[エクスプローラー] 一部(古いアプリ?や32bit用アプリ)の保存ウィンドウで項目が正しく表示されない [既知の問題,再掲]
既知の問題に掲載されたので再掲したい。64bitアプリでは問題なし。

・[設定] 「更新とセキュリティ」,「Windows Update」を開くと設定アプリがクラッシュすることがある [既知の問題]

Build 16176


4月15日にWindows UpdateにてBuild 16176がリリースされた。
win10Build16176_01.png win10Build16176_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16176.rs_prerelease.170410-1642]。
使用期限は[2017/05/16 6:19]まで。

今回もシステム(OneCore)の改良が主な内容で、新機能の追加は少ない。
もちろん改善点もあるが、致命的な不具合が発生する可能性があるので、インストールする場合は注意。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16176 for PC + Build 15204 for Mobile - Windows Experience Blog
Windowsサブシステム内のLinuxでCOMポートを使用可能に。Windows 10プレビュー版「Build 16176」 - PC Watch

変更点


・[WSL] シリアルデバイスをサポート
Windows Subsystem for Linux(WSL)プロセスからCOMポートへ直接アクセスできるようになった。
Serial Support on the Windows Subsystem for Linux - Windows Subsystem for Linux (Blog MSDN)

ほかにも、ファイルシステムのサポートなどの機能が追加された。
Bash on Ubuntu on Windows - Release Notes (Blog MSDN)

改善点


・[デバイス] 電源ボタンを7秒間押し続けるとバグチェックが発生する問題
従来のACPI電源ボタンを使用しない新しいデバイスで発生していた。

・[デバイス] Surface Bookで、スリープ中にバグチェックが発生し、スリープから復帰後にディスクチェックが実行される問題

・[ナレーター] ナレーターが動作しない問題

・[スタート,アクションセンター] 特定のデバイスで、透明効果をONにし、UWPアプリを開いている場合、スタートメニューやアクションセンターの表示がぎこちなく表示される問題

・[アクションセンター] 予期せず1つ~複数の通知が却下される問題

・[アプリ] Build 15031で作成した新しいユーザーアカウントで、アプリやゲームがクラッシュする問題

・[アプリ] Win32アプリケーションのテキストがレンダリングされない問題

・[Edge] 特定の環境で、拡張機能がインストールされていた場合にEdgeが応答停止する問題
Connected Standbyが有効になっている環境で発生していた。

問題点


・[Windows Ink] 「最近使用したもの」に表示されているアプリを開くと、「Explorer.exe」がクラッシュする [既知の問題]

・[アプリ] Desktop Bridgeを使用するアプリ(Slack,Evernoteなど)を起動すると、「ntfs.sys」でエラーが発生し、バグチェックが発生する [既知の問題]

Build 16170


2017年4月8日にWindows UpdateにてBuild 16170がリリースされた。
win10Build16170_01.png win10Build16170_02.png
詳細なBuild Numberは[Build 16170.rs_prerelease.170331-1532]。
使用期限は[2017/05/16 6:19]まで。
RS2(Creators Update)がWindows Updateで一般ユーザー向けにリリースされる前の公開だったので、少々驚いた。

今回のBuildは、システム(OneCore)の改良が主な内容となっている。
いつものことだが、改善点もあるが、不具合もある為、機能を一足先に試したい人に推奨される。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 16170 for PC - Windows Experience Blog
Creators Updateの公開日前に次期Windows 10「Redstone 3」のテストが開始 ~Insider Preview「Build 16170」が公開 - PC Watch

変更点


・[Insider] Windows Insider Program for Business
新たに企業向けのInsider Programの登録受付が開始された。
登録には、勤務先の「Azure Active Directory 資格情報」が必要で、専用のサイトから登録する必要がある。
これにより、今までよりも機能追加や不具合修正などの対応が迅速に行われることが期待される。

・[エクスプローラー] 「共有」アイコンを新しくなったものに更新
win10Build16170_03.png

改善点


・[アップグレード] 再起動時に「8024a112」エラーが出てアップグレードできない問題

・[共有] Cortanaが有効になっていない場合に、「Cortana リマインダー」が共有のアプリリストに表示される問題

・[接続] ミラキャスト接続で初めてペアリングした際に接続UIを閉じると、セッションが1分ほどで切断される問題

・[アプリ] 高DPI環境で、互換性タブの「設定」項目でアプリを「システム(拡張)」にしている場合、グラフィックアクセラレーションを使用するアプリが正しく表示されない問題

・[設定 - システム] 夜間モードでスケジュールをオフにした場合、すぐに夜間モードがオフになるように修正

問題点


・[全般] TH1~RS2の不具合を引き継いでいる

・[ナレーター] ナレーターが動作しない [既知の問題]

・[アクションセンター] 予期せず1つ~複数の通知が却下される [既知の問題]
問題が発生した場合は、再起動することで改善される。

・[エクスプローラー] 一部(古いアプリ?や32bit用アプリ)の保存ウィンドウで項目が正しく表示されない
win10Build16170_04.png win10Build16170_05.png
ドライブの名前や左の項目の一部が表示されていない。

・[エクスプローラー] ファイルのプロパティウィンドウが別のグループで表示されない
Windows8以前のように、エクスプローラーのグループでウィンドウが纏められている。
不具合なのか仕様変更なのかは不明。

・[ゲーム] 特定のハードウェア構成で、ブロードキャスト中にゲームバーのライブレビューウィンドウが緑色に点滅することがある [既知の問題,追記]
新たに追加された情報として、最新のグラフィックドライバをインストールすることで改善されるかもしれない とのこと。
コメント

トラックバック

http://tattu1902.blog136.fc2.com/tb.php/107-bdeb6cea