Windows10 Insider Preview その3 (RS1リリースまで) - Tattuの備忘Log

Tattuの備忘Log ホーム » パソコン » Windows10 Insider Preview その3 (RS1リリースまで)

Windows10 Insider Preview その3 (RS1リリースまで)

(2017/04/09) 記事を分割 (インストールの様子)
※最新の情報についてはWindows10 Insider Preview その6 [当Blog記事]をご覧下さい。
Build Update / Build 14393(RS1) /
Build 14390-11082 / インストールの様子 [Build 14390-11082]

Windows10では、こまめに機能を追加していくということで、今後は「Windows xx」といったバージョンという概念は無くなる。
その為、Windows Insider Programに参加すると、新しい機能(不具合含む)を一足先に試すことが出来る。
2016年7月8日には、公式サイトにてISO形式でBuild 14372が配布された。
現時点では、2016年7月19日よりWindows Updateで配布されているBuild 14393が最新。
8月2日(日本時間8月3日)には、Build 14393が大型アップデート(Anniversary Update,RS1)としてリリースされた。

これ以前の情報は
Windows10について [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その1 (TH1リリースまで) [当Blog記事]
Windows10 Insider Preview その2 (TH2リリースまで) [当Blog記事]
や他のサイトをご覧ください。

Insider Previewは、あくまでもテスト用のバージョンなので、
インストールする場合は、問題に対処できるように事前にバックアップをとった上で自己責任で行ってください。
また、この記事に書かれている内容は、今後のバージョンアップで大幅に変わることが予想されるので、参考程度にご覧ください。
参考:テストに使用しているPC

UserAgent
(Windows10 Insider Preview x64 [Build 14393],IE11)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


(Windows10 Insider Preview x64 [Build 14393],Edge)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/51.0.2704.79 Safari/537.36 Edge/14.14393

※Edge/1x.***** の[*****]にはビルドナンバー(「Micrsoft EdgeHTML」のバージョン)が入る。

Build Update


製品版がアップデートされた場合は、その都度この記事でまとめたり、Windows10についての記事に統合します。
 詳しい変更点や既知の問題については、Windows Experience Blog [英語]の各Buildの記事をご覧ください。
 また、上記のBlogより一部の内容を掲載・引用していますが、すべての内容を掲載していませんのでご了承下さい。

更新について


Insider Previewに切り替えたり、テスト版のBuildを更新する場合はMicrosoftアカウントとの関連付けが必要です。
また、「設定」アプリより「Insider ビルドの入手」をする設定が必要です。
win10buildupdate_01.png → win10buildupdate_02.png
※クリーンインストール後は、Windows Updateに新しいInsider Buildが表示されるまでしばらくかかります(数時間~)。
大抵は時間をおいてから確認すると表示されますが、なかなか表示されない場合は、しばらく使用したり電源を入れっぱなしにしておくと良いかもしれません。

なお、Insider Previewに参加済みのPCを製品版でクリーンインストールした環境で確認しています。

Build 14393 (RS1)


7月19日にWindows UpdateにてBuild 14393がリリースされた。
win10build14393_01.png win10build14393_02.png
詳細なBuild Numberや使用期限は表示されていない。

7月23日及び26日には累積的な更新プログラム(23日:KB3176925,26日:KB2176927)が配信開始され、バージョンも若干変わっている。
win10build14393_04.png
win10build14393_06.png
win10build14393_05.png win10build14393_07.png
そのことから、前回より前のBuildの変更点を纏めました。

今回も不具合修正が主な内容となっている。
Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14393 for PC and Mobile - Windows Experience Blog
iPodがUSBマスストレージとしてマウントできるようになったWindows 10プレビュー版「Build 14393」- PC Watch

変更点


・[設定] Insider Preview ビルドの受け取りに「リリースプレビュー」が追加
win10build14393_03.png
今回のBuildより「Insiderのレベル」にリリースプレビューが追加された為、製品版Buildのリリースは近いこのBuildが製品版として配布されるものと思われる。


Build 14390-11082


2016年8月3日の大型アップデートに伴い、リリース候補以前の変更点や不具合をまとめました。
一部画像に使いまわしのものがあるため、製品版と異なる箇所がありますがご了承下さい。
なお、以前掲載していた一部の不具合については内容を統合したため、Buildに依存する不具合は削除しました。


変更点



バージョン


・バージョン情報 [Build 14361-]
バージョン 1607」という表記に変わった(バージョンの意味はリリース年月)。
win10build14361_02.png win10build11082_14393_01.png

・User Agent (Edge)

Build 14267
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/46.0.2486.0 Safari/537.36 Edge/14.14267

Build 14316
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/48.0.2564.82 Safari/537.36 Edge/14.14316

Build 14376
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/51.0.2704.79 Safari/537.36 Edge/14.14376
※Edge/14.xxxxxの xの部分はBuild Numberです。

インストール関連


・クリーンインストール時の挙動 [Build 14295]
インストール開始時に既にWindows10がインストールされている場合、Buildをアップグレードするかどうかのダイアログが表示されるようになった。

・アップグレード時の画面 [Build 14316,14366]
Build 14316では、今までは黒い背景だったのが水色に変わり、表示もすっきりしている。
win10build14316_03.jpg win10build14316_04.jpg

参考:Build 14328にて翻訳された画面
win10build14328_03.jpg

Build 14366では、「パート */*」などと表示されていたものが「更新プログラムを構成しています」のみの表示となった。
win10build14366_04.png

ただ、1回目の再起動後(Build 14366以前は「機能とドライバーをインストールしています」)に画面を閉じると、設定にかかわらずスリープしてしまうのは相変わらず。

・インストール後のメッセージ [Build 14328]
準備をしています。PCの電源を切らないでください。
これらの更新プログラムは、オンライン時のユーザーの保護に役立ちます
[スタート] > [はじめに]で新機能を確認してください
という文章に変わっていた。

ロック画面


・ロック画面の挙動 [Build 14279]
ロックを解除する際に、背景ではなく文字だけスワイプするようになった。
これは、ロック画面とサインイン画面の背景を一つに統合したための変更だそう。

・Microsoftアカウントユーザーのメールアドレスが非表示に [Build 14328]
「設定」にて以前のように表示することもできる。
win10build11082_14393_02.png
※改善点にも記載しています。

スタートメニュー


・スタートメニューの刷新 [Build 14328]
通常のスタートメニューの場合、「すべてのアプリ」が常時表示されるようになった。
win10build11082_14393_03.png
左上のwin10build14328_04a.pngをクリックすると、左に表示されている各ボタンの名称が出てくる。
win10build11082_14393_04.png

初めは「すべてのアプリ」がずらずら表示されて見づらいが、何度も使う場合だと、いちいちクリックしなくても表示されるので使いやすくなったかもしれない。
ただ、タイルから起動するのみの使い方だと見難いし、左にまとまったアイコンも意味がわからない場合はいちいちwin10build14328_04a.pngをクリックするかカーソルを当てて確認しないといけないので、
使い方によっては良くない変更かもしれない。
また、Windows8で出来たタイルの複数選択が未だに出来なかったりと、折角手を入れるならばそこら辺もどうにかして欲しかった。

タブレットモードの場合は、「すべてのアプリ」と「ピン留めしたタイル」との切り替えがしやすくなった。
win10build11082_14393_05.png win10build11082_14393_06.png win10build11082_14393_07.png
タブレットモードのスタートメニューに関しては、非常に使いやすくなったので良い変更だと思った。

タスクバー


・通知(アクションセンター)アイコンの場所 [Build 14328]
「日付と時刻」の右側に移動した。また、通知の件数も表示されるようになった。
win10build11082_14393_08.pngwin10build11082_14393_09.png

アイコンを右クリックすることで、件数表示をオフにするなどの設定ができる。
win10build11082_14393_70.png

・通知メッセージに表示されるアイコンのサイズ [Build 14361]
表示されるアイコンのサイズが64x64から48x48へ変更された。
win10build11082_14393_11.png

・通知の表示設定がし易く [Build 142xx(143xx)]
通知(アクションセンター)にて、通知メッセージのタイトル(アプリ名)もしくはメッセージの内容を右クリックすると、
以下のようなメニューが表示されるようになった。
win10build11082_14393_12.png

「通知の設定を開く」をクリックすることで細かな設定ができる。
[設定] > [システム]の「通知とアクション」で各アプリの通知設定をする場合と同じ。
win10build11082_14393_13.png

・「日付と時刻」にてカレンダーアプリとの連携 [Build 14328]
カレンダーアプリで登録したスケジュールが表示されるようになった。
win10build11082_14393_14.png win10build11082_14393_15.png
「+」でスケジュールを追加(「カレンダー」アプリ)、「議題(設定)を隠す」で表示を隠すことが出来る。

・「タスク ビュー」でどの仮想デスクトップでも同じウィンドウやアプリを表示できるように [Build 14316]
「タスク ビュー」(winキー+Tab)にて表示したいウィンドウを右クリックし、「このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する(W)」又は
「このアプリのウィンドウをすべてのデスクトップに表示する(A)」をクリックすると、どの仮想デスクトップでも同じウィンドウやアプリのウィンドウが表示される。
win10build14316_05.png win10build14316_06.png

・Windows Ink ワークスペース [Build 14328]
「Windows Ink ワークスペース」というものが新たに追加された。
タスクバーを右クリックし、「Windows Ink ワークスペース ボタンを表示(W)」をクリックすると、タスクバーにwin10build14342_06.pngが追加される。
win10build11082_14393_16.png

win10build14342_06.pngをクリックすると、「付箋」、「スケッチパッド」、「画面スケッチ」、「最近追加したもの」が表示される。
win10build11082_14393_17.png
「スケッチパッド」は、既存の絵又はまっさらな白紙にお絵かきをすることが出来、「画面スケッチ」は表示されている画面にお絵かきすることが出来る。

また、スケッチパッドの「定規」機能にはコンパスがついており(Build 14352)、定規にカーソルを当ててホイールを回すことで角度を変えられる。
win10build11082_14393_18.png

Cortana


・ロック画面でもCortanaが使用可能に [Build 14328]
Cortanaで設定することにより使用可能。
win10build11082_14393_19.png

・音楽を検索できるように [Build14267]
音楽を聴かせることで曲名などを検索できる機能のようだが、Build 14390の時点では日本では利用できない模様。
個人的には一番試したい機能だった。

・呼びかけに反応する種類を増加 [Build 14352]
音楽の再生では、曲名やアーティスト,プレイリストに対応するようになった(U.S. Englishのみ対応)。
また、タイマーをセットすることが出来るようにもなった。

エクスプローラー


・UACウィンドウのデザイン [Build 14328,14342]
ショートカットキー(Alt+Y または Alt+N)は今まで通り使える。
状況によって色が変わる模様。
win10build11082_14393_20.png win10build11082_14393_21.png

・「ネットワーク資格情報の入力」ウィンドウのデザイン [Build 14342?]
win10build14342_07a.png

・アイコンのデザイン
エクスプローラーのアイコンが変更された。 (画像左:Build 14328 画像右:Build 14352)
win10build14328_06a.pngwin10build14352_03a.png

BDドライブのアイコンも全体的なデザインに合わせたものに変更された (Build 14361)。
win10build14361_03a.png

エクスプローラーではないが、通知(アクションセンター)に表示されるネットワークのアイコンも違うものに変更されている (Build 14361)。
win10build14361_04a.png

参考:Windows Ink スペースのアイコン (画像左:Build 14328 画像右:Build 14342)
win10build14328_05a.pngwin10build14342_06.png

Windows Defender


・「Windows Defender」のアイコンのデザインが変更 [Build 14342]
ブロック塀から盾のアイコンに変更された。
win10build14342_03.png win10build14342_04.png
win10build14342_05.png

・Windows Defenderの初回起動時の画面 [Build 142xx(3xx)]
Windows Defenderを開くと、このような画面が出るようになった。
win10build11082_14393_22.png
「有効にする」ことで、Smart Screenの機能が有効になる。上記の画面は、Buildを更新した際に再度表示されることがある。

・オフラインスキャン [Build 142xx]
通常の起動時に駆除できないウイルスを駆除することが出来る機能。オフラインスキャンは「設定」にて行うことが可能。
win10build11082_14393_23.png
当方の環境だと、インターネットに接続した状態でないとオフラインスキャンすることが出来なかった。

設定


・TOPページのデザイン [Build 14316]
検索バーが真ん中に表示されるようになった。
win10build11082_14393_24.png

・左メニューのデザイン
Build 14328より設定項目の部分が文字だけでなくアイコンも表示されるようになった。
Build 14361からは、メニューの背景色が右の設定内容の画面と同じ色になった。
また、「ホーム」ボタンも文字とアイコンがセットになったものに変更され、画面右上にあった検索バーも左メニューに移動している。

・「システム」に「Webサイト用のアプリ」の追加 [Build 14342]
アプリとWebサイトが連動する機能のようだが、執筆時点では対応しているアプリやWebサイトは存在しない模様。
win10build11082_14393_25.png

・タスクバーの設定 [Build 14328]
タスクバーの設定が「設定」アプリに移動した。
タスクバーを右クリックし、「設定(T)」をクリックすると「設定」アプリが開くようになった。
win10build11082_14393_26.pngwin10build11082_14393_27.png

・色
Build 11082では、「アクセント カラー」にて選択中の色にチェックのアイコンが付くようになった。
Build 14316では、「タイトルバーに色を付ける」が新たに追加された。
今までは、タスクバーなどの色も一緒に変更されていたが、これによりタイトルバーのみ色を変更できるようになった。

Build 14366からは、「設定」アプリのタイトルバーも設定した色に着色されるようになった。
また、「アプリのモードを選ぶ」という項目も増え、「設定」アプリや「電卓」など一部のアプリの配色を黒に変更できるようになった(Build 14316)。
win10build11082_14393_28.png win10build11082_14393_29.png

・Windows Update [Build 14316]
「更新の履歴」リンクがトップに表示されたり、新たに「更新プログラムの設定」という項目が追加された。
win10build11082_14393_30.png

「アクティブ時間の変更」は、デバイスを主に使用している時間を設定して更新による再起動のタイミングを制御する機能。
「再起動のオプション」は、上記で設定した「アクティブ時間」を一時的に変更し、再起動するスケジュールを変更する機能。
win10build11082_14393_31.png win10build11082_14393_32.png

「詳細オプション」には、「更新後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します。」が追加されている。
win10build11082_14393_33.png

残念ながら相変わらず更新するプログラムを個別に設定することは出来なかった。

・回復 [Build 14367]
「Windowsのクリーン インストールで新たに開始する方法」というものが新たに追加された。
win10build11082_14393_34.png

これは、First BuildをダウンロードしてクリーンインストールできるRefresh Windowsというもので(Build 14342以降対応)、
試しに使用したところ、残念ながら「このツールではお使いのPCをアップグレードできません」と出て使えなかった(Build 14342からでも同じ)。
win10build14367_03.png

・ライセンス認証 [Build 14371]
ライセンス認証の方式が改善され、認証後にMicrosoft アカウントにサインインすることで、端末とアカウントが紐づけされる。
win10build11082_14393_35.png
それ以降にパーツ交換やクリーンインストールを行った後にライセンス認証が必要になった場合、
Micorosft アカウントにサインインされていれば、ライセンス認証を簡単に済ますことができるようになった。
【レビュー】Windows 10に実装予定の新ライセンス認証機能を試す ~パーツ交換を行なっても、オンラインで再認証が可能に - PC Watch

なお[設定] > [アカウント]より「このPCで本人確認を行う必要があります」の項目で「確認する」も併せて行っておくのが無難。

・開発者モード [Build 14316]
以前よりも設定できる項目が増えた。
win10build11082_14393_36.png

・Insider Preview [Build 14328]
Insider Previewの設定項目が独立した。
win10build11082_14393_37.png
Buildの更新頻度については、以前のようなプルダウンメニューから選択する方式になっている。

Microsoft Edge


・貼り付けて検索 [Build 14291]
事前に検索語句やアドレスをコピーした上でアドレスバーを右クリックして「貼り付けて検索(移動)」をクリックすると、
検索またはページに移動する機能が追加された。
win10build11082_14393_38a.png win10build11082_14393_39a.png

・履歴メニュー [Build 11102]
PCの場合、「戻る」や「進む」ボタンの上で右クリックをすることでメニューが表示されるようになった。
win10build11082_14393_40.png

・履歴データのクリア [Build 14267]
ブラウザを終了する際に、履歴を削除する機能が搭載された。
win10build11082_14393_41.png

・お気に入りバー [Build 14267]
バーを右クリックして「新しいフォルダー」を追加したり「アイコンのみの表示」にすることが出来るようになった(設定からも可能)。
win10build11082_14393_42a.png win10build11082_14393_43.png

・タブのピン留め [Build 14291]
タブを右クリックし、「ピン留めする」とアイコンだけの表示になる。
win10build11082_14393_44a.png
win10build14291_03a.pngwin10build14291_04a.png
ピン留めをすることで、ブラウザを終了してもタブの内容は消えずに残る。

・ダウンロードの保存場所 [Build 14267]
ファイルをダウンロードする際に保存先を決める機能がようやく搭載された。
win10build11082_14393_45.png

初期設定ではONになっており、設定画面でOFFにすることも可能。
win10build11082_14393_46.png

・拡張機能 [Build 14291]
RS1の目玉機能の一つとしてEdgeの拡張機能というものがある。
拡張機能を追加することで、Edgeに様々な機能を追加する事が出来る。
win10build11082_14393_47.png win10build11082_14393_48.png
拡張機能は、ストアでダウンロードすることが出来、ダウンロードの際はMicrosoftアカウントが必要。

試しに「Microsoft Translator」をダウンロードした画像。
拡張機能をダウンロードすると、「有効にする」か「無効にしておく」か選択する画面が出てくる。
win10build11082_14393_49.png
Buildを更新した場合にも上記のウィンドウが再度表示されることがある。

有効にするとツールバーにアイコンが追加され、英語のサイトの場合はアイコンをクリックすることで文章が日本語に翻訳される。
win10build11082_14393_71.png

設定の画面より拡張機能を評価したり、有効/無効にしたり、設定したり、アンインストールすることが出来る。
win10build11082_14393_50.pngwin10build11082_14393_51.png

アプリ


・「ストア」アプリ
様々な変更が行われている。

「ダウンロードと更新」では、ダウンロードの進行バーが表示されるようになった。
また、「最近のアクティビティ」項目が追加され、インストールされたアプリや更新されたアプリの一覧が表示される。
win10build11082_14393_52.png
「最近のアクティビティ」に関しては、今のところ非表示にはできない様子。

アプリが更新された際には通知メッセージが表示されるようになった。
win10build11082_14393_53.png

「マイライブラリ」では、一度はダウンロードしたものの不必要なアプリがある場合にリストから非表示できるようになった。
win10build11082_14393_54.png

非表示にしたアプリ(ゲーム)は、「非表示になっているアプリ(ゲーム)を非表示」をクリックし、目のアイコンをクリックすると再表示される。
win10build11082_14393_55.png

・Sticky Notes [Build 14328?]
「付箋」のアプリ版で、「付箋」が削除された代わりにこのアプリを使うことになる。
win10build11082_14393_56.png
「Windows Ink ワークスペース」から起動できる「付箋」と同じもの。

・マップアプリの刷新 14291
デザインが一新され、新たにタブが追加された。
win10build14291_05a.png win10build14291_06a.png win10build14291_07a.png

・「メッセージング」アプリにて写真を添付できるようになった [Build 14267]
win10build11082_14393_57.png

・Skypeアプリの刷新
見た目がスマホ版のSkypeアプリそっくりになった。
win10build11082_14393_58.png

ダークテーマへの切り替えもできる。
win10build11082_14393_59.png


・「接続」アプリ [Build 14316]
パソコンを無線ディスプレイにするアプリだそう。
win10build11082_14393_60.png
【レビュー】Windows 10マシンが無線ディスプレイになる「接続」アプリを試してみた ~Insider Previewの新機能 - PC Watch

・Feedbackアプリの刷新 [Build 14291]
「フィードバック Hub」というアプリになり、「Insider Hub」と「Feedbackアプリ」が統合された。
win10build11082_14393_61.png win10build11082_14393_62.png
また、投稿されたフィードバックにコメントをつけられるようにもなった(Build 14316~)。
投稿者名は、Microsoftアカウントに登録されている名前が表示されるので、コメントする際は慎重に(もちろんフィードバックも)。


その他にも、多数のアプリがバージョンアップされ、操作性の向上や設定項目の整理などの変更が行われている。

・削除されたアプリ
一方で、「ニュース」や「スポーツ」などの削除されたアプリも存在する。
これらのアプリは、ストアで「MSN」と検索することでダウンロードすることが可能。
win10build11082_14393_63.png

キーボードショートカット


・タスクバーの日時と時刻(カレンダー)を開く [Build 14361]
winキー+Alt+D

・Feedback Hubを起動(+スクリーンショット添付) [Build 14367(14366)]
winキー+F(今まではwinキー+Shift+?)
モバイル版では「VOL DOWN+POWER」ボタンで起動する。
また、そのままフィードバックを投稿しようとすると、キーを押した時点の画面(スクリーンショット)が添付された状態になっている。

その他


・[手書き入力] 対応言語を追加 (Build 14367)
インドネシア語やマレー語など新たに23の言語に対応するようになった。

・[開発者] Bash (Build 14316)
使用するには「設定」アプリ,「更新とセキュリティ」,「開発者向け」内で「開発者モード」にチェックを入れ、
「コントロールパネル」,「プログラムと機能」,「Windowsの機能の有効化または無効化」にて
「Windows Subsystem for Linux (Beta)」にチェックを入れる必要がある。
win10build14316_07a.png
win10build11082_14393_64.png win10build14316_08a.png win10build14316_09a.png
※画像(中央,右)では英語表示ですが、Build 14393の時点では、日本語に翻訳されています(ただし文字が消える不具合あり)。

改善点(TH2から)


・[ロック画面] Microsoft アカウントのアドレスが表示される問題 (Build 14328)
Microsoft アカウントに登録されている名前だけの表示になった(アドレスを再表示する設定も可能)。
あとはニックネームを設定できればいいのだが・・・。

・[ウィンドウ] Buildを更新するとウィンドウの枠の色が黒になる問題 (Build 14271)
テーマで色を設定していても、Buildを更新することで黒になってしまっていたが改善した。

・[スタートメニュー] スタートメニューの不具合 (Build14342?)
以前より発生していたスクロールバーとマウスポインタが追従しないことがある問題が解消された。

・[タスクバー]通知メッセージが浮いて表示される問題 (Build 11099,14361)
メッセージの枠が浮いている場合でも、すぐに所定の位置に降りてくるのが確認できた。

・[タスクバー]USBメモリなどを接続すると出る通知のデザイン (Build 11082,143xx)
Build 11082では、単色のアイコンが表示されなくなり、Build 143xxでは専用のアイコンが表示されるようになった。
他にも、互換性のないアプリケーションを起動した際に出るメッセージも同じ専用アイコンが表示されるようになった。
win10build11082_14393_65.png win10build11082_14393_66.png

ただ、ボリュームラベルがない場合に「(*:)」だけの表示だったり、フォーマットした時に「USB ドライブ(*:)」と表示されたり、
「取り出し」たときに「リムーバブルディスク(*:)」と表示されるのは改善されず。

・[タスクバー]「日付と時刻」のカレンダーの年が飛ぶ問題 (Build 11099,14257)
以前までは、その年の7~12月(9~12月)をクリックした後に「****年**月」の文字をクリックすると翌年のカレンダーに飛んでしまったが、
ようやく修正された。

・[タスクバー] サウンドアイコンにて、複数の出力デバイスが存在する場合、個別に音量の調節が可能に (Build 14328)

・[Cortana] Cortanaを有効にしている際に「ノートブック」項目内に「設定」があった問題
設定する際に非常にわかりづらかったのだが、「設定」の項目が独立するようになった(Build 14316)。
また、「設定」,「フィードバック」のボタンが離れた位置に配置されるようになった(Build 14352)。
win10build11082_14393_67.png

・[タスクマネージャー] Buildのアップグレードによって設定が保持されない問題 (Build 14361)
Buildをアップグレードしても設定が保持されるようになった。

・[コマンドプロント] 表示の不具合 (Build 14361)
高DPIモニターで正しく最大化できない問題が解消された。
また、長いテキストの表示や検索(Ctrl+F)を行った際に正常に表示されない問題も解消されている。

・[IME] IME(日本語入力)のパフォーマンス (Build 14279)
今までは、文章の変換時に時間がかかることがあったが改善された。
また、予測変換の機能も向上し、以前よりも多くの変換候補を選べるようになった。

問題点


・[UAC] UACの画面が前面に出てこない
再インストール時にソフトをインストールするのだが、UACを下から2番目にしている状態でフォルダーに入っているソフトをインストールしようとすると、
しばらく固まったままになってしまう。
一度ウィンドウを切り替えてからフォルダーのウィンドウをクリックするとUAC画面が出てくるが、そのような操作をしない限りは固まったままなので非常に不便。
デザインの変更後くらいから顕著に発生している。

・[Cortana] Cortanaが無効化できない
探し方が悪いのか。Cortanaを無効化する設定がいつの間にかなくなってしまった。

・[エクスプローラー] リムーバブルディスクのルートにあるファイルを削除する際にサイズが「0バイト」と表示される
ファイルサイズや形式は関係なく、ルートにあるファイルであれば発生すると思われる。
フォルダーに入っているファイルだと問題なし。
win10build11082_14393_72.png

・[エクスプローラー] 名前の折り返しがおかしい
アイコンのサイズを変更していて気づいたが、行の折り返しが以前と違っている。
以前の仕様であれば、中央で折り返されていたが、左に詰めて表示されるようになった。
win10build11082_14393_73.pngwin10build11082_14393_74.png
名前を変更する際は中央で折り返されるので、不具合なのか仕様の変更なのかは不明だが非常に気になる。
出来れば以前のように中央で折り返して欲しい。

・[Windows Defender] スキャン時に×で閉じようとするとメッセージが表示される
当たり前の動作なのだが、スキャン中は最小化しないといけないので、その分タスクバーのスペースを使ってしまう。
win10build11082_14393_68.png
折角常駐しているのだから通知領域のアイコンにウィンドウを格納してほしいところ。
※通知領域のアイコンをダブルクリックすることで、通知領域にウィンドウが格納されることを確認しました。
訂正します。


・[ストア] メニューが縦に伸びる
サインインしている環境で発生。
win10build11082_14393_69.png
「ストア」アプリを起動して一度目のクリックで発生する。二度目以降は問題なしだが、起動しなおすと再発する。

・[ハードウェア] 無線LANにて「接続先一覧」を開くと高確率で「制限あり」ネットワークになる (Build 14xxx-)
すでにサポートされていない「Intel PRO/Wireless 3945ABG」で発生。
以前は起動時(高速スタートON)やスリープ復帰時に繋がらないのみでそれ以外は問題なかったのだが、ここ最近のBuildで頻繁に発生するようになった。
解決方法は相変わらず「アダプターの設定の変更」から無線LANアダプタを一旦「無効」にすることが必要。

・TH2(Build 10586),TH1(Build 10240)で発生している一部の不具合を引き継いでいる

この続きはインストールの様子 [Build 14390-11082]
コメント

トラックバック

http://tattu1902.blog136.fc2.com/tb.php/103-6222a124